人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

柴犬を飼い始めました。夏でも水を飲まない子で心配になって牛乳をあげたら飲みました。でも犬を飼っている人から牛乳は与えてはいけない、と言われました。何故牛乳を飲ませてはいけないのか教えて下さい。飲むと犬にどんな悪影響が起きるのでしょうか?また、水以外で与えてもよい飲み物、牛乳以外で与えてはいけない飲み物をご存知であれば教えて下さい。昔実家で犬を飼っていたときは牛乳を飲ませていたし他の犬も飲んでました。昔とは違ってきたのでしょうか?

●質問者: ai0113
●カテゴリ:生活
✍キーワード:実家 柴犬 牛乳
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● くまっぷす
●19ポイント

http://www9.ocn.ne.jp/~ashuhoun/health-milk.htm

やはり与えないほうがよさそうですね。

(ここまでよくないとは自分でも今調べて知ってびっくりしました)

ただ、うちの犬も牛乳飲んですごい下痢するかというとそうでもなかったので個体差や程度問題はあると思います。

水を飲まないのは他のもので水分が足りているからでは?

また、水入れが高すぎたりすると子犬には飲みにくいということもあるようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます、とても参考になりました。ドライのドックフードしか与えていないので、どこで水分補給しているかわかりませんが、牛乳を与える前から水はあまり飲まなかったので、うちの犬はあまり水分を取らなくても平気な子なんですね、きっと。


2 ● かずぼっくり
●18ポイント

犬・猫の食べてはいけない物リスト

牛乳に含まれる乳糖はラクターゼと言う分解酵素によって消化されます。個体差がありますが、特に犬にはその酵素が充分にないため軟便・下痢を引き起こしやすいようです。

また、離乳後の子犬・子猫は牛乳を消化しにくくなっています。

うちの犬(ミニチュアダックスフント)の場合、しばらくたった後、軽い嘔吐がありました。

でも、犬用のミルクがあるようです。

◎質問者からの返答

こんなに食べさせてはいけない物があるとは知りませんでした。参考になりました。ありがとうございました。


3 ● aiainasadajominkpa
●12ポイント

http://www.ne.jp/asahi/come/across/sub14.html

ワン・ニャンが 食べてはいけない物 リスト


「消化しにくく軟便・下痢を引き起こしやすい」

◎質問者からの返答

参考になりました。ありがとうございました。


4 ● powdersnow
●19ポイント

牛乳の「乳糖」という成分が消化できないため、犬専用のミルク以外は、与えない方がいいそうです。

http://channel.goo.ne.jp/pet/special/sp_55.html

また、飲み物は基本的に水で十分です。

水を入れている器を代えてみるのもいいかも知れません(新しいと金属やプラスティックの匂いが残っているかも)。

あまりに飲まないようならば、予防接種などを受けている、いきつけの獣医さんに相談した方がいいと思います。

とにかく、勝手な判断で、水を飲まないからといって水以外の物、ドッグフードを食べないからと別の物を与えるのは、非常によくないやり方です。

◎質問者からの返答

牛乳を与えても下痢や軟便にならなかったので大丈夫だと判断していました。何でも安易に与えてはいけないと思いました。ありがとうございました。


5 ● TomCat
●19ポイント

基本的に、犬に牛乳を与えてはいけない主な理由は「乳糖(ラクトース)」の影響によるものです。

乳糖は分子量342.3の二糖類ですから、これは分解しないと生体は消化吸収が出来ません。その分解を行うのが「乳糖分解酵素」などと呼ばれる酵素なんですが、これはどのような哺乳類でも、たいていの場合、授乳期を過ぎると急激に減少していきます。つまり、成犬に牛乳を与えると、乳糖が分解できないから下痢をさせてしまうことが少なくない、ということなんですよね。

また、成犬、子犬に限らず、牛乳は子牛のための飲み物なので、栄養要求の異なる犬などの他生物では、牛乳のみに頼ると必要な栄養素が満たされないという意味で、牛乳は不適と言われることもあります。

犬に牛乳を与えたい場合は、専用に調整された物が市販されていますから、それを用いてください。子犬、成犬、それぞれライフステージに合った製品がラインナップされています。一般のペットショップやペットフード取扱店で購入できます。

http://www.kenko.com/product/br/br_8040013.html

牛乳以外で与えてはいけない飲み物については、基本的に犬用に作られたもの以外は全て警戒してかかる、というのが適切です。生物にはそれぞれに適した食性というものがありますから、飲み物に限らず、食べ物全般、人間用に作られた物が他の生物に適応する保証はない、と考えてください。

無闇に人間用の飲み物や食べ物を与えていると、腎臓や肝臓に負担がかかり、じわじわと体を蝕んでいく恐れがあります。

◎質問者からの返答

大変参考になりました。犬には犬用の物を与えればいいんですよね。ありがとうございました。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ