人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

過剰流動性を解決するためにバブル現象があるような気もします。つまりバブルは必要悪という発想です。そういった観点から議論している金融関係の論文はあるでしょうか?


●質問者: isogaya
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:バブル 必要悪 論文 過剰流動性 金融
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sin3364
●35ポイント

「バブルの功罪」のうちの「功」の話

『インターネット・バブル―来るべき反動にどう備えるか』

http://d.hatena.ne.jp/ktdisk/20060615/1150323749

産業革命というようなパラダイムシフトを興すためには、そういう「潤沢な資金」が市場に提供され、その資金を元に沢山の企業が市場に参入して、激しい技術革新競争をすることが必要

岩田弘『資本主義経済の原理』

http://www5e.biglobe.ne.jp/~WKAPITAL/genrimokuji.htm

第五章 資本蓄積と恐慌

第二節 資本の絶対過剰と恐慌

一 資本の絶対過剰

二 過剰信用と金流出

三 恐慌

そもそも、資本主義自体が好況と不況(あるいはバブルと恐慌)のしくみを内包しているような。


2 ● hayashi_rice
●35ポイント

http://www.ifs.co.jp/news/column_200601.html

http://blogpal.seesaa.net/article/19445705.html

◎質問者からの返答

もうちょっとリスクマネーと過剰流動性の問題をつめて考えた人の論説読みたくなりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ