人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

仮に、10年以内のいつか(いつか分からない)に、
東京を中心とした関東にそれなりの大地震が起きて、
それなりに経済も影響を受けるとしたら、
それを見越して資産運用をするとすると、
どのような運用方法が考えられるでしょうか?
(その地震で損をしない、というよりは、その地震でむしろ、得をするような運用。)
理由も一緒にお願いします。

●質問者: match7
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:地震 大地震 東京 経済 資産
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● trinh
●18ポイント

単純な所では復興需要を見越した建設株やら鉄鋼株の保有でしょうか。鉄鋼は東京近郊に主要炉があるとダメですが。

◎質問者からの返答

実際、それは地震による経済的打撃とあわせて考えると、

地震前以上になるほどのものなんですかね?

それとも、下げが限定的にしかならない、という程度のもの?

他国や似たような状況から推測できたりしませんかねえ??


2 ● KUROX
●17ポイント

資金を一部外貨にして置いたらどうでしょうか。

為替レートでまあまあ外貨に変えても損をしないと

言うぐらいのレートで。

地震で下がると予想される堅実にあがるという

株式を買う。このときは為替レートも味方を

してくれるので、稼げるのではないかと思います。

◎質問者からの返答

つまり、円が下がると期待して、円以外を大目に持っておくということですか?

でも、10年以内のいつか、という長期的観点において、

積極的に得しなくてもいいので、地震が起きるまで損し難い外貨って何かあるんでしょうか?


3 ● aiainasadajominkpa
●17ポイント

http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/d-gold.php

ゴールドでしょ


4 ● andalusia
●17ポイント

前回では防災(地震)関連として銘柄をあげてみましたが、いつ起るかわからない、大地震に備え、どの銘柄に投資すればリスクヘッジできるかを考えてみました。
参考となるのは阪神大震災前と後の業種別株価指数と時価総額増減(株価上昇下落)動向です。以下に上昇率上位と下落率上位をあげてみました。

94年12月末、95年1月末比較株価指数上昇率上位

上昇率上位

下落率上位
1 建設

16.1
1 電気機器

▲14.0
2 不動産

6.1
2 小売業

▲13.5
3 金属製品

4.1
3 精密機械

▲12.6
4 ガラス・土石

▲ 0.1
4 海運業

▲11.8
5 鉄鋼

▲ 2.3
5 パルプ・紙

▲11.5
6 銀行

▲ 2.8
6 通信業

▲11.2
7 倉庫

▲ 3.6
7 輸送機器

▲10.3
8 陸運

▲ 3.7
8 卸売業

▲ 9.7
9 医薬品

▲ 4.3
9 繊維製品

▲ 9.3
10 石油・石炭

▲ 4.8
10 非鉄金属

▲ 9.1

http://www.iforum.jp/okuchika/col200209.htm

阪神淡路大震災の教訓に学ぶのであれば、

1.建設

2.不動産

3.金属製品

ですね。


5 ● minkpa
●17ポイント

建設業界に投資しまくれば確実です。

http://q.hatena.ne.jp/1189017313


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ