人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

国家公務員の「役職」について教えてください。下記の役職の人は一般的に入省何年目くらいになることができる役職でしょうか?管理職なのでしょうか?それとも専門職なのでしょうか?

大臣官房企画官

大臣官房調整官


●質問者: おら
●カテゴリ:就職・転職 政治・社会
✍キーワード:国家公務員 大臣 専門職 管理職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● hayashi_rice3
●35ポイント

5年目くらいです。○○代理とかです。


2 ● ラージアイ・イレブン
●35ポイント

大臣官房企画官は、国家公務員法第百八条の二第三項ただし書、および、人事院規則一七―〇(昭和四十一年七月九日人事院規則一七―〇)第一条別表第一の規定により、「管理職等」に分類されます。

なれる時期は省庁や入省時期によりけりです。

出向専用ポストとかもあるので、特定ポストや特定官派を経験・所属していないと、どんなに実力や人望があっても退職までなれない人はなれません。逆になりたくなくても出世コースの途上で企画官を経験しなければならないということもあり、ケース・バイ・ケースです。

たとえば、内閣府の幹部の一人である影山洋一沖縄総合事務局次長は、昭和53年(1978年)総理府入府して平成4年(1992年)総務庁人事局人事企画官になり、2005年に迎賓館次長を経て、今年(2007年)次長になっていますから、企画官になるまで14年、幹部職員として総理大臣を直接支えるようになるまで29年かかっていることになります。久保田治総務部長も企画官になるまで14年かかっていますね。

http://www.ogb.go.jp/muri/saisin/koumoku/12osirase.pdf

定数は削減される傾向にありますので、15年ぐらいと考えても良いかもしれませんが、ただしこれは内閣府の場合で、ポストがたくさんある文部科学省とかだと、コースによってはもうちょっと早くなれるかもしれません。とはいえ、現在は5年ぐらいで企画官になる人はまずおらず、通常は最低でも8年以上はかかります。

文部科学省が公開している「文部科学省のキャリアパス例」でも、企画官(補佐級、補佐、専門官)は入省8年目からのキャリアとなっています。

文部科学省のキャリアパス例

http://www.mext.go.jp/b_menu/saiyou/jimu01/0602061501/001.pdf

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ