人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

企業との裁判直前で代表取締役が変ってしまいました。変更された人物は株も持っていない今まで平社員だった人間で、支払い能力はありません。こうした場合、裁判の時前代表取締役に責任を問うことはできるのでしょうか? 法律的根拠などや判例などありましたらお願いします。

●質問者: ikedamama
●カテゴリ:コンピュータ 学習・教育
✍キーワード:人間 代表取締役 企業 判例 法律
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● gkkj
●23ポイント

企業を被告にしているなら、代取ではなく企業から賠償金を取ろうとしているわけなので、代取の変更は問題にならないと思いますが…代取だった人を個人として相手にして裁判しようとしているのでしょうか?

http://q.hatena.ne.jp/1189510628

◎質問者からの返答

いえ、分割に応じる代わりに代表取締役を連帯保証人としてつけようと思っていたのです。やはり前社長の責任を問うことはできないのでしょうか?


2 ● gkkj
●23ポイント

会社分割に異議を唱えようとしているのでしょうか?弁護士を立てたほうが良さそうに感じます…

「分割に応じる代わりに代表取締役を連帯保証人としてつけ」るような判決は得られないような気がします。和解(両当事者の合意が必要)でならありうるような気がしますが。

前社長の責任を問いたいなら、個人としての前社長を訴えるのが原則です(企業を訴えても効果ない)。企業と代表取締役とはあくまでも別人格です。訴えられてもいない代表取締役・前代表取締役にいきなり責任を負わせるようなことはできません。

http://q.hatena.ne.jp/1189510628

◎質問者からの返答

そうです。和解条件に前社長の連帯保証人を条件につけたかったのです。

訴訟でその企業の代表取締役を訴えた以上、やはり逃げられてしまったということなのですね……ありがとうございました


3 ● minkpa
●22ポイント

この場合は前代表取締役に限らず会社にも責任を問うことが出来ます。

このような状況下で代表取締役を変更するというのは、やむを得ない状況以外認められません。

逃げるために代表取締役を切ったと考えるのが妥当ですからね。

そのやむを得ない事由にあたるかどうかの判断がカギとなります。

◎質問者からの返答

ということは責任を問うことができる可能性があるということでしょうか?

裁判の冒頭で「何故代表取締役が変更されたのか」聞いた方が良さそうですね

*もし、可能性があるのでしたら弁護士さんに具体的に聞いてきます


4 ● suzancarol
●22ポイント

告訴の仕方を弁護士さんと協議して考えられたほうがいいかもしれませんね。


相手側が代表者を変えたということは、質問者様側の行動を先にけん制する狙いがあった可能性が十分あります。

裁判での争点として、企業に責任を追及したいのか、その代表者の責任を追及したいのか、複雑にしすぎると不利になる場合もあります。

問題をその代表者の在籍中にする必要がありますよね。

企業だけを告訴した場合、どんなにこちら側の訴えを認められても、あくまで被告は企業であって代表者ではありません。

告訴する相手を、企業とその代表者個人にすればいいのではないでしょうか?

もちろん、裁判官や両弁護士も和解にするようにもっていくと思いますが、そのときにどれだけ有利な条件で和解に持ち込めるかは、告訴の仕方によります。

◎質問者からの返答

もう告訴を終えて、

裁判あと三週間後なのであります……

ご指摘通り、弁護士さんに相談してみます

ありがとうございました

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ