人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

敬語表現について質問です。
「先生、●●にご一緒に参りましょう。」
という表現ですが、「参る」という謙譲語を先生と一緒に、なので先生という目上の人に対して使うので間違いだという意見がありますが、どうなんでしょうか。

●質問者: respect01
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:先生 意見 敬語 表現 謙譲語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/3件

▽最新の回答へ

1 ● n_kusano
●60ポイント

間違いらしいです。

http://www.o-don.com/honorific/answer/6.html

テレビのクイズ番組でも「目上の人に対して使うのは間違いだ」といってたのを思い出しました。

◎質問者からの返答

なるほど。参考になります。ありがとうございます。


2 ● adlib
●10ポイント

「先生、校長のところへ、わたしと、ご一緒に参りましょう」のように、

先生よりも目上の存在があるときには、謙譲語と敬語が併存します。

誰よりも尊い人(天皇)を想定すれば、ほとんどの疑問が解消します。

── 日本の敬語は、天皇を頂点として、各々の立場をあきらかにする

ための言語システムだったが、天皇が求心力を失なったのに、文法だけ

が形骸化して残ってしまった。

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060210

電辞苑 ? 社内敬語と電話の受け方 ?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ