人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

財務報告に係る内部統制評価が来年度から導入されるにあたり、業務プロセスに係る運用テストの日次のサンプルテスト件数は何件にすればよいか考えています。
「財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する基準」等では統計的サンプリングにより信頼度90% 許容誤謬率9%の場合は、25件といった例示が示されていますが、基準を読むと監査法人が監査を実施する際の話であって、会社が実施する場合のサンプル件数は任意に決定すればよいとのことです。
そこで、他社事例ではどのように会社はサンプル件数を決めて実施しているか、ご存知であれば教えてください。
また、エラーが出たときは、会社が任意にサンプルを決定した場合、どのように処理するか教えてください。

●質問者: samplesize
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:いるか エラー サンプリング テスト プロセス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● minkpa
●35ポイント

http://www.shinnihon.or.jp/


2 ● q_taro4
●35ポイント

20-40

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ