人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アメリカでJ1ビザで1年間滞在していましたが、帰国後半年以内に観光することになりました。
この場合もビザなしで入国できるのでしょうか?


●質問者: willcomjapan
●カテゴリ:旅行・地域情報
✍キーワード:アメリカ ビザ 半年 観光
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● j1960
●35ポイント

米国滞在期間中に問題を起こしたまま帰国したのでなければ問題ありません。

http://www.usa-internship.net/fa/index.html#p

特に発展途上国から国費の補助を受けて参加するような場合には、帰国後2年間は本国に滞在することが義務付けられる場合があります。日本人の場合、日本政府から、またはアメリカ政府からの補助金(奨学金)を受けてこの交換訪問者プログラム(EVP)に参加する場合を除いては、この義務について考える必要はありません。

ビザ免除プログラム

http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-waiver.html

このプログラムを利用する際の条件:

* 旅行者はビザ免除プログラム参加国(上記)の国籍であること。有効な機械読取り式パスポート(MRP)を所持。(詳細)。パスポートが2006年10月26日以降に発給されている場合はe-パスポート(IC旅券)でなければなりません。

注: イタリア、フランス、ドイツ国籍の方はこちらもご参照ください。

* 目的が商用、観光または通過であること。

* 米国での滞在期間が90日以下であること。

重要: 旅行者によっては、ビザ免除プログラムを利用して入国することができない場合があります。これには、有罪判決の有無にかかわらず逮捕歴のある方、犯罪暦(恩赦や大赦などの法的措置がとられた場合も含む)がある方、重い伝染病を患っている方、過去に米国への入国を拒否されたり、強制送還された方、そしてビザ免除プログラムで入国し、オーバーステイしたことがある方が含まれます。これらに該当する旅行者は、ビザを取得しなければなりません。ビザを持たずに入国しようとする場合は入国を拒否されることがあります。

ただ念のため、下記の意思を証明するために往復の航空券を持っている必要はありますね。(片道航空券だと面倒な事になる可能性があります)

旅行者は滞在終了後、米国を離れる意志があることを証明するものを携帯してください。通常は、旅行者の居住地との強い社会的、経済的つながりを示す書類が該当します。個々の事情によって異なるため、決まった書式は特にありません。


2 ● minkpa
●35ポイント

問題ありません。入国出来ます。

ただし過去のオーバーステイなど一部条件下にある人はビザが必要です。

http://q.hatena.ne.jp/1189579819

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ