人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

80年代の光ゲンジブームをご存知の方にお聞きします。
当時、自分はまだ小さかったので、よく覚えていないのですが、彼らの人気って具体的にどのくらい凄かったのでしょうか?
以前ここでアンケートしてみた時、アンチの方が断然多いという結果になったので正直驚きました。
今のジャニーズみたいに本業以外の分野をやたら占領したりせず音楽一本で勝負していた所や、今のジャニーズみたいにいつまでもダラダラと居座らないで人気が落ちればさっさと解散した所などは潔く思えて個人的に評価しているだけに残念にも思いました。

最大瞬間風速はSMAPよりも凄かったなどと言われていたりするのも聞きますが本当にそう思いますか?
また、メンバー個々人の人気では、どうも諸星1人だけに人気が集中していたイメージが強いですが、これって諸星が凄すぎただけなのか他のメンバーが本当に不人気だったのか、どっちなんでしょう?

とりあえず当時を振り返って、彼らの人気がいかほどのものだったのかこと細かく語ってみて下さい。






●質問者: taku2007
●カテゴリ:芸能・タレント 生活
✍キーワード:SMAP いつまでも アンケート アンチ イメージ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 31/31件

▽最新の回答へ

[1]今のSMAPより凄かったのは事実だと思います komap2

時代が時代でしたからね。

あの頃はアイドルといえばトイレにも行かない崇高な存在みたいな感じで売っていたので、そのファンの熱狂ぶりは今以上の激しさでした。

あと男性アイドルが少ない時代だったのでライバルも少なかったですしね。


[2]アイドルを好きになる事自体が流行であった。 sarumonkey

アイドル番組や、ベストテン、トップテンといったアイドルが出てくる番組が人気であったし、アイドルを追っかけたり、騒いだりするのが今より流行っていたからだと思います。

今って、好きなアーティストって、何人かいる人が多いと思うけど、昔は一人の歌手にどっぷり。という人が多かった気がする。

消費者側のスタイルが違うので、今と比べること自体が、違うと思うのです。

諸星君の人気が一番多いのは、単純に、いまみたいに、アイドルグループの人が連続ドラマに出たり、普通の映画にばら売りで出たりする文化がなかったので(そのグループが主役のアイドル映画みたいのはあったが)、必然的にフロントマンがクローズアップされて人気がでたというのもあります。

スマップみたいに、ばらばらで冠番組を持つことは、まずなかったですから。

インタビューや歌番組のコメントも、諸星君中心なので、他の人を好きになるきっかけが少ない(画面に映る時間が少ない)ということも影響していたのでは?


[3]ジャニーズ事務所の力 zxcvbnmko

当時は事務所の力でよく歌番組に出ていたと思います

しかし人気はバンダナで目立っていた諸星だけでした

テレビでコンサート中継が映っていましたが女性ファンが持っていたウチワも諸星が圧倒的でした

しかし、人気は今のSMAP以下でした

彼らの最大のヒット曲「パラダイス銀河」でもたかが88万枚のセールスです

日本人の1億1000万人以上はお金を出してまでも買っていません

本当のファンならお金を出してCD(レコード)くらい買います


[4]>3 テレビじゃなくて世間では? taku2007

テレビだけじゃなくて実際の世間を見渡した限りでは、どんな印象を受けましたか?

当時学生だったなら、学校の女子が騒いでいたりしなかったのでしょうか?


[5]>1 男性アイドル=ジャニーズ=光ゲンジ tadatarai

たのきん→しぶがき、ときて、男闘呼組がイマイチだったので、ちょうど光ゲンジしかいなかったんじゃないかと思います。


[6]>4 当時は社会人だったけど zxcvbnmko

世間や女子は特に騒いでなかったです

まぁカラオケなんかではよく歌われてましたね


[7]>2 光ゲンジ自体の凄さが文章からは全く伝わってきませんが taku2007

やっぱりファン以上にアンチが多い感じだったのでしょうか?


[8]とりあえず tehi

ローラースケートは興味のない僕でさえ履いてたし、カセットテープも持って多様な気がします。その当時からなんでローラースケート履きながら歌ってるんだろうとおもってました。子供の頃の記憶であいまいなんだけど光ゲンジの番組にスマップがスケボーに乗って登場してたのをみて今度はスケボーかよと思ったような気がする。


[9]>7 ええっと。すごさを伝えて欲しかったんですか? sarumonkey

彼らの人気がいかほどのものか?

スマップよりすごかったのか?

諸星君だけがすごかったのか? あなたは、どう思いましたか?

という問いかけかと思いました。

私は光ケンジ自体のすごさを伝えないといけなかったのでしょうか?

読解力がなくてすみません。

回答としては、

瞬間風速がすごかったのは、世の中全体的に、アイドル礼賛であっただけ。

諸星君はフロントマンだったから人気があっただけ。

本業一本だったのは、本業以外をアイドルがやるという文化がそんなになかっただけ。

女性アイドルも今より人気はありましたし、彼らだけがすごい。という風には思いませんでした。


[10]意外なキーワードはとんねるず iojoy

確かに最大瞬間風速はSMAPよりも凄かったと思います。

前述の皆さんが言っている通り、昔はタレントの露出の仕方も、現在とはかなり違います。

そういった見方をすれば、郷ひろみ、西城秀樹、にしきのあきら等にしても、当時として、最大瞬間風速は物凄い物がありました。

現在のSMAPの様に、テレビ界全体の兄貴分的に露出する方法もとんねるずの成功の影響が大きいという見方も有るようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8...

(参考:ジャニーズの戦略を軌道修正させたとんねるずの欄)

上記ウィキの見方は自分としても充分的を得ていると思います。

全盛期のとんねるずの人気がわからなければ、YOUTUBE等で80年代懐かしいCM、ねるとん紅鯨団等を検索してみて下さい。

この時代、いかにとんねるずがオピニオンリーダーだったかが、解ると思います。


[11]>10 自己レスします。 iojoy

とんねるずよりも、光GENJIでしたよね(笑)

人気は確かに凄かったですが、別に、それは諸星に人気が集中していたわけではなく

メンバー各個人にそれぞれ、しっかりファンはついていました。

確かに、諸星も目立っていましたが、内海光司、大沢樹生も同じ位、目立っている印象はありました。


[12]当時私の周りでは staples54

誰が好きか?ということが女子の間で話題になったりしていました。諸星くんは一番人気がありましたが他の人にもファンがちゃんといて、諸星くん+他の人が好き!とか・・・それと光源氏の漫画も連載されていました(同人ではなく)

ローラースケートが流行っていて一種のステイタスというか

所持していることで羨望の目が向けられて

中高年の間でも”光源氏”というグループが認知されており

話題にのぼったりパラダイス銀河のサビを知ってて歌えたりだとか。

歌番組に彼らが登場したときの”キャー!!”という声が特に大きくてテレビを見ながら人気あるな?と思ったのを覚えています。

最大瞬間風速はSMAPよりも凄かった、と私も思います。


[13]>12 そういえば漫画ありましたね。 helltaxi

当時、子供だったので今のSMAPと比べてどうかまではわからないですが、すごい人気があったのは覚えてます。

ローラスケート流行りましたね。

自分は全くファンでも好きでもなかったんですがローラスケートが子供の間で流行ったのでローラスケートで遊んでたのを思いだしました。

そういった意味でも影響力ってのは今のSMAPと同等かあるいはそれ以上だったのかもしれませんね。


[14]すごかったですよ risa2007

多分、今までのグループの中で最強じゃないかというくらい熱狂的なファンが多かったと思います。今のジャニーズなんて目じゃないし、学校でも光ゲンジの話で持ちきりだし、誰のファンかで派閥見たくわかれていました(笑)記憶の限りでは、光ゲンジのファンじゃない女の子はいなかったと思います。諸星くんが一番人気でしたね。かーくんファンじゃない子は、いないというくらいかなりの人気でした。アイスのCMに出ていたときがあって、偶然知り合いから手に入れたポスター。学校で話をしたらみんながほしいと大騒ぎになったのを覚えています。嵐の追っかけみたいなのとはちょっと違う、特殊な雰囲気を持っていましたね。聖セイヤもはやった時期で、同じようにこちらもファンが多かったですね。


[15]>11 知名度が高そうなのは諸星と大沢ですよね。 taku2007

よく知られていたのは大体この2人ですよね?

でも確か諸星ファンは大沢を嫌いと言うパターンが多くなかったでしょうか?

そういうこともあって、ファンの数も倍以上は違いませんでしたか?

そういえば、とんねるずの全盛期も大体同じ時期でしたよね。

光ゲンジと、とんねるずだったら、どっちが世間を騒がせたと思いますか?


[16]日本の音楽史で to-ching

最悪な時代を作っていったのです。


[17]>12 諸星ファンが光ゲンジファン全体に占めていた割合は? taku2007

当時を知る知人曰く8割方諸星ファンしかいなかったなんて言ってましたが、あなたの感覚としてはどれぐらいに感じましたか?

メンバー「全員」を好きだと言うファンもとことん少なかった印象が強いですが、その点はどうだったのでしょうか?

また、冒頭にも書いたように以前ここで取ったアンケートでは諸星個人も光ゲンジもアンチの方が断然多いという結果になったのですが、当時、ファンとアンチでは実際どちらが多いように感じましたか?


[18]>14 人気の幅広さという意味では、どんなもんだったんでしょう? taku2007

当時の小中学生の女子以外からはほとんど人気がなかったと言われることが多い気がするのですが、実際どうだったんでしょう?

また、諸星の次には誰が人気あったと思いますか?

知名度では大沢が諸星に継いで有名だと思いますがファンの多さも2番目だったのでしょうか?

あと、諸星個人とキムタク個人の全盛期を比べた場合でも果たして諸星の方が凄かったと思いますか?

人気の幅広さという意味では絶対に諸星の方が負けてしまうと思うのですが。


[19]>15 具体的な実数はわかりませんが iojoy

ご指摘のように、ファンって事を標榜すると、嫌な思いをしたりするので(笑)

ジャニーズは隠れファンが多いと思います。

諸星というのはSMAPで言うと、中居的存在だったので、単純に好感が持ちやすいと

いうのはあったかもしれません。

光GENJIと、とんねるずの比較に関しては、よくわからないです。


[20]ジャニーズ人気を独り占め riceball

バレンタインの時になると、2tトラック○○台分のチョコが届きました!なんていう報道もありましたね。

あと、歌番組でV8(8週連続一位)とかありましたよね。

今のジャニーズは、SMAPを始め数多くのグループが存在していますが、当時は光GENJIのみ(大袈裟?)で人気を独占していた気がします。


[21]ローラースケート nishihide

とにかくみんなローラースケートに乗ってた。

他の人も書いているように今みたいに色々なジャニーズのグループがいたわけではないので、一極化していたんじゃないかな。


[22]諸星以外のメンバー Too

当時、中?高校生でした。アイドルにはまったく興味なかったのですが、それでもヒット曲のほとんどは今でも歌えますし、メンバー全員、顔と名前が一致するぐらい、ポピュラーな存在でした。周囲の友だちの熱狂ぶりがそれだけ強かったってことです。ローラースケートをはいて歌う、イロモノ的な話題性もありましたけど、最大瞬間風速はSMAP以上だったと思います。

私のまわりでは諸星ファンはいなくて、今もジャニーズにいる佐藤アツヒロがいちばん人気でした。個人的には今はフルネーム覚えていませんが、もうひとりの佐藤くんが歌が上手で、うまく底上げしてるなぁと思ったのを覚えています。SMAPにも、ひとりぐらいそういう人がいればねぇ(って話逸れてすみません)。年上2人では、内海より大沢樹生が人気でした。

アンチといっても、今のようにネットが発達していたわけでもないですし、ほかの方が書いておられるようにライバル的なポジションの男性アイドルも少なかったので、リアルタイムでそういうふうに感じた記憶はありません。

ただ、SMAPのように長期的に、世代を超えて認知された存在、というわけではなくて、一部の人はすごく熱狂的に騒いでいるけれど、興味のない人にとってはイロモノ的アイドル、という存在だったのではないかと思います。


[23]>17 自分が感じたこととして記述します staples54

8割?最大で9割が諸星ファンでした。

まわりは全員が好きな人は一人もいませんでした。

前期一番人気があった時期を分類すると諸星+他2・3名>諸星以外2名>諸星だけ

となります。

中期頃?から諸星ファン→ほぼアンチへと変わっていきました。一人で目立ちすぎ、落ち着きがない態度など 空気が読めてなかったことに対しての意見が幅広い世代で聞かれるようになりました(一部の諸星ファンは擁護していましたが)

後期になると最近は少し落ち着いてきた、諸星はこういう人だからという認識が広まり

アンチの風潮がやわらいだりしていました。


[24]>23 諸星以外2名と言うのは? taku2007

返信ありがとうございます!

諸星以外2名と言うのは大沢と佐藤あたりでしょうか?

確か諸星と大沢を両方好きだと言う人は少なかったのではありませんか?

あと、諸星アンチというのは元ファンだった人ばかりなんですかね?

全盛期からすでに賛否両論な人じゃなかったんでしょうか?


[25]>24 諸星以外の2名は staples54

大沢、佐藤だけでなく内海や山本も人気がありました。

諸星と大沢の両方好きというのは確かにまわりにあまり居なかった気がします。

諸星アンチは元ファンだった人だけではなく、当時の世論として感じ取っていました。

個人の好きなタイプとして意見が分かれていた→諸星を許せない、許せるに賛否両論→ほぼアンチに転じる

こんな感じだったと思います。


[26]>13 漫画のタイトルは staples54

”光GENJI物語”ではなかったでしょうか??

ファンとか好きじゃなくてもローラースケートが流行ってやっていましたね。

私もファンではなかったのに知り合いからローラースケートを借りて遊んでいたクチだったりします。

(一部の大人が危ないといって心配していましたが構わずやっていました)


[27]>25 大沢アンチもたいがい多かったですよね? taku2007

またまた返信ありがとうございます!

諸星アンチと大沢アンチではどっちが多かったように思いますか?

また大沢は1人だけ男ウケがよかったなどという話も聞いたことありますがこの話の真偽についてはどう思われますか?

あと諸星は本人より年上にはほとんど人気がなくて大沢ファンは同世代以上が多いってことなかったでしょうか?


[28]>27 大沢についてです staples54

自分の周りでは、ということでレスします。

大沢アンチはいませんでした。アンチは諸星だけです。

大沢が1人だけ男ウケがよかったということはありませんでした。

確かに諸星は本人より年上にまったく人気がありませんでした。

大沢の同世代以上に人気があったかどうかは、よくわかりません。お答えできずにすみません。


[29]>18 そうだと思いますよ。 risa2007

小中学生だけが人気のバロメータをしめていたとおもいます。

大沢はミステリアスなイメージだったので、人気はそんなにありませんでした。私の周りではあっくんだったとおもいます。

内海さんも結構人気ありましたね。

どちらがとキムタクと比較した場合、年齢層で言えば圧倒的にキムタクですし、熱狂度から言えば諸星のほうが強い印象を持っています


[30]>29 返信ありがとうございます! taku2007

しかし小中学生限定の人気だったのに、今までのどのグループよりもファンが多かったというのは凄すぎますねえ。

ファンの数は全国100万人単位はいたと思いますか?


[31]>3 ヘイ!ユーたち・・・ to-ching

俺のマンションに来る??そのうちこの事務所も崩壊するでしょうね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ