人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

玄米の全粒粉が身体に大変いいことを知っている人は意外と少なく、その良さを分かって頂くことに商売として苦労しています。

玄米全粒粉の良さは摂れば短期間でその効用が分かるのですが、言葉として伝えるのが容易ではありません。

玄米全粒粉の食べ方は熱湯を注いだり、カレーやスープ等の料理に入れたり、パウンドケーキやスコーン等様々ですが、今回は全粒粉の食べ方の質問ではありません。

ご意見を頂きたいのは、如何に言葉で全粒粉の良さを伝えるかです。

例えば、当社の場合「玄米の全粒粉で老いも若きも人生今から本番、全粒投球」とかで打ち出していますが反響は今ひとつで、ご経験等も含めよいアイデアがあれば幸いです。

●質問者: namasaya0810
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:ひとつ アイデア カレー スコーン スープ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

[1]「短期間でその効用が分かる」を具体的に tadatarai

こうした食品や栄養補助食品の、多くは、使っても効いているのかどうかわからない。それは比較対象がないからです。

そうこうしているうちに、めんどくさくなったり、お金の面でもういいや?ってなったりしてしまいがちです。

その点「短期間でその効用がわかる」のであれば、一晩でこうなるとか、一週間でこうなるとか、具体的に打ち出せればよいと思います。

(とはいえ、多分、表示内容にいろいろ規制がかかるのでは、とも思いますが。)


[2]キャッチコピーが漠然としてますね。。 drowsy

ターゲットを明確にしてからキャッチ&説明を考えられてはどうでしょうか?

「玄米の全粒粉で老いも若きも人生今から本番、全粒投球」はなんとなくおじいちゃんぽい(失礼だったらごめんなさい)

高齢層なら昔の玄米のイメージを払しょくするもの

男性向けなら玄米の全粒粉の成分を強調(例:タウリン1000mgとか)

女性向けなら玄米の全粒粉の効果を強調(例:脚のむくみが気にならなくなりました。とか)


[3]本当に栄養あるの?ってのが正直な気持ち・・・ kn1967

玄米の全粒粉が身体に大変いいことを知っている人は意外と少なく

それは本当なのでしょうか?

嘘を尤もらしく大々的に発表する事は簡単だったりしますが

真実を伝えるのは簡単ではありませんよね。

だからこそ質問しておられるのでしょうけど・・・。

玄米の全粒粉で老いも若きも人生今から本番、全粒投球

パターン1)そのまま無視、他のサイトへ

パターン2)何の事だろうと思って、そのまま本文へ

前者が圧倒的に多いと想像しますけど・・・。

キャッチコピーなのですから、本文に引き込むようなものが必要ですよね。

ダサいかもしれませんが「お米の栄養捨ててませんか?」なんてどうでしょうかねぇ。

反響は今ひとつ

期間あたり(たとえば1ヶ月間とか1週間とか)の

・新ユニーク訪問数はどのくらいなのか?

・その中で購入してくれた人はどのくらいなのか?

・リピート率はどのくらいなのか?

といったようないったことを具体的に検証された上での事でしょうか?

そういった分析がまだならば何はさておき分析する必要がありますね。


その良さを分かって頂くことに商売として苦労しています

内容が真実であったとしても信用を得る事は難しいでしょうね。

そもそもの目的が結局のところ「商売」なのですから

玄米うんぬんなんて格好つけても薄っぺらい囲いにしかならないです。

「商売」という面を隠す事が不可能だと、まず疑ってかかりますから、消費者を良い意味で騙す事を考えましょう。

(結果として消費者が嫌とか嘘だったと思ってしまったら詐欺ですが消費者が納得したのなら嘘も方便。)


結局のところ、商売するためのノウハウが無いだけのようにも思えますから

店舗展開しておられるなら他の同業他社を見習うなり弟子入りするなり

Web店の話なら楽天などのモールに出店してアドバイザーに相談してみたりといったような

基本に立ち返る必要性がありそうです。

(偉そうな事言ってスミマセンが、ポイントゲットのための同情などを書くよりホンネで書いたほうが良いと思いますので・・・。)


[4]健康食品に対して懐疑的 ootatmt

「発掘あるある大辞典」の捏造事件などにより、消費者は健康を謳う食品に対して懐疑的になっていると思います。

特に「身体に大変いい」などという、あいまいな表現は逆効果だと思われます。

「玄米の全粒粉で老いも若きも人生今から本番、全粒投球」

これもまったく意味不明でダメですね。

具体的にはビタミンが豊富だと言うことなんですよね?

どれぐらいの玄米で一日の所要量のどれぐらいが摂れるかなどを具体的に示した方がいいのではないでしょうか。


[5]面倒 seble

今時は自炊をしない人も多いです。

商売として見るなら、素材で売るのではなく、完成品、パンやお菓子などとしての方が可能性があるように思います。

玄米の方が白米より栄養価が高い事は常識です。

でも、白米のようには炊けないし、食感が悪かったりします。

全粒粉という事は、つまりは米粉という事ですよね?

米粉を普通に調理して食べる家庭がそんなにあるとは思えません。

一般的でない素材ですから、やはり素材のままでは売れないと思います。


[6]>4 健康食品というと helltaxi

老人を集めて詐欺をしている店を思い浮かべます。

あやしさをなくすことが大事なんじゃないかなと思います。


[7]>4 返信 namasaya0810

率直なご意見有難うございました。

とりあえず以下のように修正しました。

玄米全粒粉


[8]>5 返信 namasaya0810

率直なご意見有難うございました。

とりあえず以下のように修正しました。

玄米全粒粉


[9]>3 返信 namasaya0810

率直なご意見有難うございました。

とりあえず以下のように修正しました。

玄米全粒粉


[10]>1 返信 namasaya0810

率直なご意見有難うございました。

とりあえず以下のように修正しました。

玄米全粒粉


[11]>2 返信 namasaya0810

率直なご意見有難うございました。

とりあえず以下のように修正しました。

玄米全粒粉


[12]>11 キャッチコピーのつけ方by仲畑貴志氏 sougetsu

「目のつけどころがシャープでしょ」や「こころも満タンに」など有名なキャッチコピーをつくったコピーライターの仲畑貴志さんは次のように言っています。(詳細はダカーポ2006年10/4号参照)

「コピーは、ビールのジョッキの『取っ手』のようなもの。商品の特徴などあらかじめ伝えたいことが決まっていて、それを短い表現で理解してもらう。伝えたい事柄は膨大だけど、『取っ手』をつけることで把握しやすくする。」

さようなわけで、御社が消費者にお伝えになりたい玄米全粒粉の「良さ」とは、一番に何であるかを明示していただけると、回答者も答えやすくなると思います。全部伝えたいと考えると、一つも伝わらないというのは、日常会話でもよくあります。

一番優先して伝えたい良さ(あるいは上位3つぐらいの良さ)にしぼりこんだところで、キャッチコピーを考えるわけですが、その際には、「頭に『早い話が』をつけて考えるとよい(仲畑氏)」そうです。

というわけで、

早い話が「玄米全粒粉の良さ」って何?


[13]>12 返信 namasaya0810

ご指摘有難うございました。

キャッチコピー改訂版を再度修正して発信しますので、よかったらまた見てください。

玄米全粒粉の良さは、食品の中では最高の排泄力です。

玄米全粒粉

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ