人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ビジネスに関するものです、難題かもしれません、営業に関する、企画営業のプロのかた、ないし自信のあるかた、私と共に不動産売買を行って見たいかた 等等ご回答下さい。

私(弊社)は 主に東京で、土地、建物物件(不動産)の売買を行う業者です。

営業に関しては これまでに無かったシステム構築をしたいです。

いわゆる新聞、チラシ、HP 等で広告し、連絡(クリック)したかたに営業をかけるのが一般的ですが、

私は 素人の方々に営業マンになって欲しい、そして在宅(アウトソーシング)でネットを通して物件売買の営業を行ってほしい、

誰でも(家庭の主婦でも)営業マンになれます、それが(家庭の主婦、母子家庭、老人介護で外へ出られない方々に仕事に付いてもらいたい)目的です。


良いシステム作りなり、ノウハウは御座いませんか。



1190200461
●拡大する

●質問者: dandei8
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:Hp アウトソーシング クリック システム ネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● q_chan
●20ポイント

求人はできません。

はてな利用規約 第6条禁止事項

http://www.hatena.ne.jp/rule/rule#kiyaku06

◎質問者からの返答

文章を良く読んで下さい。奇麗事ではなく ただ単に利益を得るための企業ではなく、今必要とされるている 社会実業(起業)を目指します。

社会のミスマッチを解消したいですね。ドロップアウトされている貴重な人材に社会の光の当るところで活躍してもらう為のシステム作り。

つまり人を雇用するまでのシステム構築、起業のアイデア募集です、このプランが成功すれば起業可能となるわけです、人材を募集しているわけではありません。

ただ興味のあるかたはシステム作りに参画してください。今の時点での募集ではなく、参画してくださるかたは拒みません。

ここで回答を出して頂ける方も 起業の手助けになるので参画に他なりません。

宜しくお願い致します。

一番目の回答を頂いた方は お考え理解しましたので 再度の回答は結構で御座います。


2 ● Lhankor_Mhy
●20ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1190200461

疑問点が何点かあります。


・事務所以外の場所を拠点に営業をすることは、業法上問題ないのか。

・主任者はどうするのか。

・ただのテレアポ・ネットアポ営業なのか。案内はどうするのか。

・媒体を見て問い合わせをかけた顧客がターゲットとのことだが、そのような顧客は物件に質問があるはず。物件の概要も分からない素人が何事か答えられるのか。

・労務契約はどのような形態をとるのか。歩合給なのか。時給なのか。

・そのような営業形態は、顧客にとってどのようなメリットがあるのか。顧客にメリットがなければ市場に支持されず、長続きしないのではないか。


よろしくお願い致します。

◎質問者からの返答

質問に対する回答ではなく、質問に対する質問になってしまっているように思います。

あなたにそのような疑問がおありでしたら、その解消策も含め 全ての面に於いて、どの様ビジネススタイルの どのようなシステム構築ができるか、幅広い面が質問の対象で御座います。

私が回答者ではありません、回答の方をほしいので、丸く大きく幅広く、自己判断なさり、判断から回答まで自己完結してください、このような事を問わないで頂ければ幸いです。


3 ● hamster006
●20ポイント

不動産売買アフィリエイトとかはどうでしょうか?

http://e-words.jp/w/E382A2E38395E382A3E383AAE382A8E382A4E38388.h...

◎質問者からの返答

有難う御座います、でも もっと幅広い、小さな事にこだわらない、難しいでしょうが せっかくですので、大きいスケールで包み込むような、だれもが感嘆し ため息をもらすような、素晴らしいアイデアをお願いしたいです。

例えば この“はてな”のシステムは素晴らしいですね、誰もが感嘆をもらすでしょう、このレベルまで来なければ、社会実業として不足と考えて下ります。


4 ● kyhr
●20ポイント

素人が口コミなどで営業するには商材の「お手軽さ」

がポイントになるでしょうね。実際に成立しているのは

洗剤とか健康食品とか「お手軽」かつ「消耗品」が多いです。

不動産にこれを適用するとなると

証券化して細分してからファンドに組みなおした金融商品に

するとか、別荘の利用権のようなリピートが期待できる形

が適しているのではないでしょうか。

http://homepage1.nifty.com/lawsection/special/spc/spc_index.htm

◎質問者からの返答

回答有難う御座います、証券化、利用権(例えば会員制、ないし商品券があるでしょうか) 等ですと個々の小さな物件に対応できません、奇麗事に聞こえるでしょうが、日本経済の不調は、人材、人的資源を捨てていることだと思います、そこに風お通す、フルに活用できなければ日本は沈没すると考えての、今回質問でしたが、この質問そろそろ期限ですので、又形を変え質問します、有難うございました。


5 ● Lhankor_Mhy
●20ポイント

>回答の方をほしいので、丸く大きく幅広く、自己判断なさり、判断から回答まで自己完結してください、


なるほど、お心良く分かりました。

では、私なりに考えてお答えいたします。


このスタイルで起業をするには3つの壁があります。

1点目は、業法違反のおそれがあるという、社会正義の無さ。

2点目は、物件をよく知らない人間がテレアポ・メルアポを取るという、顧客メリットの無さ。

3点目は、千三つ屋のため給与を歩合制にせざるを得ない、従業員へのケアの無さ。

つまり、社会にも顧客にも従業員にも歓迎されないブラックな企業となるでしょう。これを回避するには大変な労力がかかります。


そこで提案なのですが、「あえて回避しない」方法を取るのはいかがでしょう。世の中には社会からも顧客からもブラックと認識されながらも成長をする企業があります。マルチまがいです。

つまり、ただの歩合給にせずに「自分の紹介で入社した人間の成果についてキックバックがある」給与にするのです。そうすれば、社長であるあなたは求人をする必要もなく、営業をする人間が増えていきますし、社員のモチベーションを上げることも親社員が自分の子社員に勝手にやってくれます。


いや、社員などという言葉を使うのは良くありませんね。しばらくの間、社員はあなた1人で十分でしょう。それならば業法の問題もクリアできます。

テレアポをするメンバーはすべて会員です。そうですね「クチコミ!家探しクラブ」なんて命名どうでしょうか。会員はあくまで「良い住まいをクチコミで紹介」するだけです。アフィリエイトみたいなものです。


使用するシステムは、

http://www.ra1.co.jp/

これなんてどうでしょうか。

物件データを不動産業者から掲載許可を頂く代わりに、得た反響や案内客はすべてその業者に戻します。案内1件あたりの「紹介料」を申し受けても、金額設定によっては中小不動産業者から十分契約がとれるのではないでしょうか。

さらに、「システム使用料」をクラブ会員様に請求すれば、それだけで諸費用を上回る収益が見込めるかもしれません。


いや、我ながら素晴らしいスキームです。これは、数10ポイントじゃ足りませんよ(w

◎質問者からの返答

誠に有難う御座いました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ