人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ドル先物を買う実需家(投資目的ではなく、リスクヘッジや自分のビジネスのために先物を買う人)は具体的にどのような理由でドル先物を買っているのでしょうか?

●質問者: uniquer
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:ドル ビジネス リスクヘッジ 先物 投資
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● gkkj
●5ポイント

その先物の期日にドルでの支払い100万ドルがある場合に、先物を例えば115.00円で買っておくと、実際にその期日のスポットのドル円レートが120.00円であっても(この場合支払は1億2千万円)、115.00円ベースの支払い(1億15百万円)で済むことになります。

http://q.hatena.ne.jp/1190273849

◎質問者からの返答

先物の仕組みというよりはどういうシーンでの利用かという具体的なイメージがあれば助かります。


2 ● hiko3karasu
●15ポイント

大豆なんかと同じで、ある時期(未来)にドルが必要なことがわかっている場合に、現在の価格(レート)の方が有利だと判断したら先物を買う ということです。

来年の1月に1万ドル必要だけど、今円高で1ドル100円なんだよな。来年の1月になったら1ドル120円位になっていそうだから、今のうちにドル買っておこう。

という感じ。

◎質問者からの返答

少しだけ具体的なので良かったです。


3 ● seble
●15ポイント

輸入企業はドルで決済する場合も多いので、為替リスク回避のために先物を使う場合もあると思います。

商社、鉄鋼、非鉄業、農林水産業、

また、銀行も国際決済しますから必要ですね。

自動車など輸出企業も、受け取りはドルなので先物で売っておく、というヘッジもできますね。

でも、為替予約とかする方が一般的なんじゃないかな?

先物をリスクヘッジに使うというのは、先物業者の宣伝文句にしか過ぎない気がしなくも・・・

(特に商品は、、)

◎質問者からの返答

おっしゃるとおりで、なぜ為替予約ではなくドル先物なのか疑問は残ります。


4 ● andalusia
●50ポイント ベストアンサー

日本企業における、という前提でお話します。

通常はドル建てで輸入をする会社が使います。一般的には、ドル建てで何かを支払う決済日を期日にして、銀行と相対で契約をします。(為替予約ともいわれます)


利用目的としては、資金計画のブレを減らすために使います。企業には、資産効率を最大限にすることが求められています(ROAの分母を減らしたい)。そのため、なるべく決済用資金は最小限にしたいのです。決済日に為替レートがいくらになるかはわからない状態では、リスクに対応するために資金を厚めに用意しなければなりません。

あらかじめ先物を買って為替予約しておけば、円での決済額を固定しブレをなくせるため余剰資金を減らして資産効率を上げることができます。こういった手法をALMと言います。


2.の回答にあるような、相場観(決済日には円高になりそう、円安になりそう)に基づいて為替予約をする(もしくはしない)ことはあまりありません(そういう会社もなくはないけど)。基本的に(特に短中期の)相場は予測できないと考えるべきで、そう考えないのは投機的動機であると考えて排除する方針の会社が増えています。

◎質問者からの返答

分かりやすかったです。


5 ● KUROX
●15ポイント

http://www.sbic-wj.co.jp/support/pdf/126/126-1.pdf

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ