人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

宇宙船『アポロ』って、ホントに月に行ったのでしょうか…?
否定意見・肯定意見、いろいろな説を知りたいと思います。

●質問者: tooh22
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:アポロ 宇宙船 意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● uta_at_home
●27ポイント

アポロの月面着陸はねつ造であるというのを、爆笑問題の「これマジ!?」という番組で見て、思いっきり信じてました。

が、残念ながら(笑)、今では人類は月に行ったとほぼ確信しています。

このサイトの説明がすごくわかりやすく、ねつ造説よりも説得力があったので、納得せざるを得ませんでした。

第3話 人類は月に行っていない!? - 月の雑学 - 月を知ろう - 月探査情報ステーション

ねつ造説に関する今までの経緯は、Wikipediaにまとめられています。

アポロ計画陰謀論 - Wikipedia

◎質問者からの返答

なるほど…僕も「アポロ」は月に行ったと思いたいです。

疑惑が多々、持ち上がっているとは聞きましたが、何かコレを見ると(月には行ったんだと)確信が持てる気がします。


2 ● STEIN
●27ポイント

月に地震計を設置して、そのデータで月の地震を検知する実験を行っているそうなので、行っていないとすればこの分野の研究データすべてが捏造ということになります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E9%9C%87

また、捏造であるならば当時宇宙開発で競い合っていたソ連(そもそも月着陸の原動力が両国の宇宙開発競争であった)が何のアクションも起こさない(行っていたとしても不自然な点があればケチをつけるなどした可能性がある)ことを行っていた理由とする説もあります。


3 ● たけじん
●26ポイント

http://q.hatena.ne.jp

諸説紛々ですが、アポロ11号:アームストロングが足を下ろす瞬間に、眠い目をこすりながらTVを食い入るように見つめていた小学生の私にとって、あれは現実でした。ノイズで一杯の画面に、かろうじてサーベイヤーの脚部が窺え、いつまでたっても画面に動きが無い。興奮しながらも飽きてきた私には、ゆっくり降りてくるアームストロング船長の白い宇宙服は、激しい雑音と乱れる画面の中で現実のものとして受け取れました。

当時の日本映画でさえ、あんな雑音と汚い画面ではなかったと思います。かえって、これが、はるか遠い月面での出来事と思えたのを記憶しています。

アポロが行った行かないって、有人飛行だったからですか?火星探査機の映像は本物ですか?どこまでを疑ってます?

今の技術で月へ行ってないって?コストが最大のネックじゃないですか。シャトルだって、予定より減らされちゃってるのに、どうやって国家規模のお金がかけられるんでしょう。「カプリコーン・ワン」の見すぎ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ