人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

フリーのコピーライターに外注をして文章を作ってもらおうと
しています。
その文章の著作権は当社にあるのでしょうか?
ライターにあるのでしょうか?
また当社に著作権があるとするならば
当社が二次利用をしてもよいのでしょうか?
ライターが当社に納品した文章を他の顧客に転用する
事は可能でしょうか?
何かご存知のことがあればよろしくお願いします。

●質問者: rupopon
●カテゴリ:ビジネス・経営 芸術・文化・歴史
✍キーワード:コピーライター フリー ライター 著作権 転用
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● you-pon
●18ポイント

参考にしてみてください。

http://www.law.co.jp/okamura/faq/cybfaq01.htm#%8EG%8E%8F%82%CC%9...\%8E%86%82%CC%92%98%8D%EC%8C%A0

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

チェックしてみます。


2 ● winbd
●17ポイント

契約書次第です。

普通は著作権の譲渡を明記しておくので、著作権は会社が保持します。

しかし権利の一部だけ譲渡や期間限定での賃与という形の場合もあります。

その場合は二次利用などが制限されることがあります。

◎質問者からの返答

なるほど、十分に考えて有利な形で契約をしようと思います。


3 ● suikotei
●17ポイント

http://www.sophia-law.com/

当方フリーのコピーライターです。

経験から申しますと、基本的に著作権はライター側に

あります。

ただし、契約の段階(法律的にというか、慣習的に)

で、クライアントから「買取」を提示されることがあります。

これは著作権も全て含めて原稿を買い取るということで、

この場合はクライアントが二次使用することは

問題ないかと思います。

ライターが他の会社に転用する・・・

著作権はライター側にあるのだから問題なしかと

思いますが、ライターのプライドとして、

文章を使いまわしにするのはどうかと思います。

他社にまるごと二次使用したことがばれたら、

信用問題というか、「あの人は能力が低い」と

捉えられることも考えられます。

フリーの場合、評判というのは大切です。

悪い噂が立つのは致命傷になりますので、

自分は二次使用は一切やりませんし、

考えたこともありません。

あくまで経験からですが、ご参考になれば。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。買取で考えます。ありがとうございました。


4 ● noni_juice
●17ポイント

業界慣行としては、著者名を出さない形で納入された文章は

著作権にかかわる権利は発注元にある、という形のようです。

ただ、紳士協定的に、二次利用について一定の印税を払うケースもあるように思います。

不安であれば、契約書で権利について明記するのが

良いと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。権利については契約書に書き込もうと思います。


5 ● tice
●17ポイント

広告コピーの場合、基本は「買取り」になると思います。

その場合、二次使用は御社の自由です。

ご不安でしたら、お金の話の際に一言伝えればよろしいかと存じます。

また、御社に納品した文章を他の顧客に転用する件。

まったく同じ文章を別会社に納品するということは、同じサービス(モノ)についての文章じゃないとありえないことだとは思います。

しかし、ざっくりとした短いテキストの場合(たとえば「街の笑顔が見たいから…」とか「ニーズに応える技術力」というようなもの)、意図的でなく同じ文章を別会社に渡すことになってしまっても仕方ないこともあるとは思いますが、法的な問題ではなくモラルの問題だと思います。

こちらもお金の話の際に話をすればよろしいかと存じます。

キャッチフレーズなどなら、商標登録をとれば他社は使えなくなりましょうが。

◎質問者からの返答

なるほどありがとうございます。

考えて見ます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ