人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ホームページに掲載されている内容によって、ホームページ管理者が企業から訴えられる、といった件について質問です。これまでの訴訟事例、判決、またどのような内容であればOKで、どのような内容であればアウトか、といった内容の記載されているホームページを教えて下さい。

●質問者: duckdown
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:ホームページ 企業 判決 管理 訴訟
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● sinzaku
●30ポイント

2chは有名です。

不適切な利用

さらに、デマや悪意のある書き込みで企業が不利益を被らないよう、それらの監視を専門とする部署を設けたり監視を外部に委託する企業が、大企業を中心に増えているとも言われており、実際に大手広告代理店の電通がガーラと組んで、掲示板における自社に関する書き込みを監視、通報するシステムを顧客企業に有償で提供している。

こういう対策が採用されてます。

適切な利用

2ちゃんねるはありとあらゆる情報に関する板があり、交換される情報は多種多様である。 消費者や技術者などが商品・サービス・技術などに関する情報を交換するCGMサイトとして利用されている板や、学問上の議論に利用される学問板もある。

比較的好意的な利用法として、化粧品メーカーや服飾メーカーなどでは2ちゃんねるに投稿された商品に対するコメントを、「貴重な消費者の意見」として収集、及び製品開発に反映させているところもあると言われる[要出典]。経営危機に陥っている中小企業に対して2ちゃんねるを利用する投資家、法律家(掲示板の性質上あくまで自称ではあるが)が無料で助言している場面も見られる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/2%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。読んでみます。こうした事件の訴訟の経緯や判例などがあるページがあれば紹介おまちしています。


2 ● minkpa
●30ポイント

http://www.p-world.co.jp/news2/2000/9/4/news25.htm

掲示板を利用し事実無根の誹謗中傷が行われたとして、ダイナムが被疑者を氏名不詳のまま名誉毀損罪(刑法第230条第1項)で告訴したが、先頃同被疑者に罰金10万円の判決が下された。これは、平成11年10月29日、インターネットの掲示板でダイナムがあたかも「遠隔操作」で営業停止処分を受けたかのような架空の事実をでっち上げ、まことしやかに喧伝したとして、平成11年11月9日に告訴。12月中旬、同被疑者が検挙され、平成12年5月24日、東京地検が起訴していた。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。後ほど読んでみます。


3 ● hayashi7
●0ポイント

2chがよく訴えられてますね。ほぼ全部敗訴。http://end

◎質問者からの返答

2ちゃんねる以外ではありませんでしょうか?


4 ● sen1000
●30ポイント

http://arena.nikkeibp.co.jp/article/col/20070531/122204/

http://blogs.yahoo.co.jp/gut_expert/49613838.html

http://www.tanteifile.com/newswatch/2007/09/12_01/index.html

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070914AT1G1302C13092007.ht...

ぱどタウン(http://www.padotown.net/)や

Naverブログ(今はない。「CURURU」というSNSと合併)は著作権侵害がひどくかなり問題になっていました。

「ぱどタウン」は、若い人(小中学生)が多く、

芸能人の写真を勝手に使用して、悪名高いサービスでした。

現在はある程度、沈静化しています。

Naverブログには、他のサイトから気に入った画像などを

簡単に引用できる機能が悪評でした。

http://www.geocities.jp/naver_problem/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。こうした情報は助かります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ