人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

平成17年の国民生活白書では、有配偶離婚率が、20?24歳の女性で、42.5%になったという記載があります。これは、既婚者に対する離婚率ですが、千人当り42.5人が離婚することでしょうか、それとも、千人当り425人が離婚することでしょうか。42.5人が正解なら、どうしてそうなるか、説明してください。


●質問者: megaworld
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:国民生活白書 女性 平成 離婚
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● risa2007
●60ポイント

http://www005.upp.so-net.ne.jp/nakky/business/businessman.htm

425/1000人が離婚していることになります

42.5/1000だと4.25%という意味ですよね。

425÷1000×100=42.5%なので425人です

早くに結婚するため、経済的理由や遊びたい願望や夢を抱いているので思っていたものと実際の生活が違っていたというのが理由に挙げられるそうです。

また、女性の離婚に対する抵抗感の薄れもあるので、簡単に離婚できてしまうみたいですね。

◎質問者からの返答

勘違いしていました。 パーセントでなく、

パーミルでした。 % でなく、‰ の

記号でした。 千人あたり、42.5人で

正解でした。 紹介してもらった、HPの

方も、勘違いしているようです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ