人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今日、郵便局がとても混雑していたのですが、
民営化を前に、今月中にしておかないと損をするような
手続きがあるのでしょうか?教えてください

●質問者: CASBEE
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:民営化 郵便局
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● risa2007
●20ポイント

住所変更や貯金の変更、郵送のほうはいいのですが

貯金の窓口は変更手続きに手間取るタメ、

今のうちにやっておく人が多いようです

普通は何もしなくてもいいです。

貯金の窓口に行く用事がある人は早めに・・・ということらしいです

年金の受け取りや、貯金の預け入れ、口座開設など。

新しい通帳を作る・・・記入欄がなくなって次の通帳を発行してもらうときに、既に本人確認済みであっても、再び確認が必要など

そういう手続きに時間がかかるようです。

保険や貯金などはそのまま引き継がれますし、

名称変更になるだけなので特に何もする必要はありません。

http://www.japanpost.jp/

◎質問者からの返答

民営化で無くなる商品などがあるのかと思いましたが

預金関連の事務手続きが複雑になるのですね

とても分かりやすい回答ありがとうございました


2 ● ransamu
●30ポイント

少額の送金関係が軒並み値上げします。

http://www.yu-cho.japanpost.jp/n0000000/mineika-service.htm


例えば、定額小為替は50円のものでも発行手数料が100円になるし(以前は10円)、1万円以下の電信扱いの払込みは210円から515円になります。


多数の振込予定がある人は、月内に済ませたいところかも。

◎質問者からの返答

ありがとうございます

まさに欲しい情報でした


3 ● Madcap
●30ポイント ベストアンサー

簡易保険への新規加入・変更が出来なくなります。

また10月からの民営化後の保険では政府補償がなくなります。

政府補償のついた保険の加入、変更等は今月中でないと出来ません。

http://www.tfp.co.jp/fp_column/161.html

一方、10月以降は簡易保険への新規加入はできず、民営化前に加入した契約についても保険金の増額や特約の追加等はできなくなります。なお、郵便局では簡易保険に代わって、民営化に伴う分社化により設立される(株)かんぽ生命保険の保険に加入できるようになります。(株)かんぽ生命保険が破綻した場合の取扱いは、一般の生命保険会社と同じく、保険契約者保護制度による一定範囲の補償となります。

簡易保険への新規加入や保障内容の変更(内容によっては加入後3年経過した契約のみ手続可)を検討する方は、早めに郵便局等にお問い合せください。

◎質問者からの返答

かんぽが分社化するのですか。

いい情報ありがとうございました


4 ● sinzaku
●10ポイント

郵便貯金でもペイオフが適用され、限度額1000万を超える分は国債に変えられてしまいます。

http://www.japanpost.jp/

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます

質問の「今月中にすると得する手続き」とは

直接関係が無いので、低めのポイントとさせてください

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ