人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一週間前から左手の指がしびれ、それが日に日にひどくなり、現在は手のひらから肘にまで広がっています。肩には寝違いのような違和感があります。
思い当たる節としてはほとんど毎日ゴルフをしていたことと、長時間パソコンをやっているのでひどい肩こりがあります。
現在、海外にいるので医者に相談できません。
何か良い治療法を教えてください。


●質問者: taroemon
●カテゴリ:医療・健康 人生相談
✍キーワード:ほと ゴルフ パソコン 医者 左手
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● you-pon
●21ポイント

こんな感じなのですかね?

ストレッチ法などがありますので、参考にしてみてください

http://allabout.co.jp/health/backache/closeup/CU20050202A/

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

紹介していただいた方法など試してみます。

ただ紹介していただいたサイトの症状よりは

首の痛みや手のしびれがもう少しきつい感じです。

しびれに関しては、長く正座した後にくる脚のしびれに近いです。


2 ● piko-piko
●14ポイント

そういう場合、首の関係ではないでしょうか。たぶん。


首の筋肉をほぐす・暖める。首の骨の歪みをとるようなこと。などを試してみると良いかもしれません。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

もう少し具体的な病名や治療法などを

教えていただけるとうれしいです。


3 ● Q-A
●21ポイント

海外で心配ですね。だからこそ、医者に相談できそうな掲示板と海外向けの医療情報のページを探してみました。

掲示板です
http://wideport.sakura.ne.jp/iryousoudan/modules/yybbs/viewbbs.p...



リンクなのですが、一番下にあります

海外から電話、ファックス、メールなどで相談できる機関

http://www.geocities.jp/groupwith/imukan.htm

求められている情報と違うのは承知していますので、ポイントは結構です。はやくよくなるといいですね。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。


こういうことは気づきませんでした。

試してみることにします。


4 ● KUROX
●14ポイント

会社員なら、会社が契約している「ドクターホットライン」

サービスとかがあると思われます。

クレジットカードを持ってるなら、カードの付加サービスと

して、ドクターホットラインとかがある場合があります。

http://www.otokuna.jp/data_sumisin6/

>現在、海外にいるので医者に相談できません。

海外でも、日本人海外旅行者がいますので、

それなりに見てもらえるところがあると思うのですが・・。

>一週間前から左手の指がしびれ、それが日に日にひどくなり

その症状だけで、病名が分かるとは思われません。

脳の一部が圧迫を受けてるのかもしれませんし、そうでない

かもしれません。

http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/3495

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。


>会社員なら、会社が契約している・・

私は会社員ではありません。


>それなりに見てもらえるところがあると思うのですが・・。

確かに見てもらうことはできるのですが、

保険がきかなくて実質無理ということです。


>その症状だけで、病名が分かるとは思われません。

そうかもしれませんが、わかる人だけが

わかる範囲で答えてもらえればと思い、質問ました。


5 ● piko-piko
●20ポイント

しびれの場所と疑われる病気名の一覧がありました。症状から対処法まで、まとまっています。

http://health.goo.ne.jp/medical/chart/010.html

首以外の可能性もあるようですね。



http://www.neurol.med.yamaguchi-u.ac.jp/sinryou/dizzy.htm

こちらにサイトによると

しびれは、末梢神経→神経根→脊髄→脳幹→視床といった神経系を経由して、大脳(頭頂葉)の感覚中枢に伝えられます。ゆえに,これらのどこに障害があってもしびれは起こり得ます。

ということで、この経路のどこかに、しびれの原因があると考えられるようです。

このさいとで紹介されている“しびれ”の治療法は

1.タミン剤(B1,B12など)

2.血管拡張剤

3.鎮痛剤,抗痙攣剤,抗うつ剤

4.外科的な治療

5.糖尿病など全身性の疾患に合併するものや脳疾患では,その原疾患の治療が最も重要

6.また,血中の自己抗体などの関与する免疫性の疾患では,副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤の投与,血漿交換などを行う。

どれもお医者さんによるもので、自分で出来る感じではありませんね。出来るとすれば、サプリくらいでしょうか。

◎質問者からの返答

丁寧なご回答ありがとうございます。

いただいた回答を元に調べてみます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ