人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

将来を見据えて今はお金がまったくもってありませんが、毎月投資に2万ずつ使っていこうと考えております。
そんな私におすすめな投資の方法は何かございませんでしょうか。はじめての投資なもので、どうお金を使っていいものかわかりません。
以上、よろしくお願いします。


●質問者: n_maco2
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:いもの おすすめ お金 投資
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●30ポイント

・るいとうでの株式売買はリスクが低いと思います。

上場している会社だと自社株をるいとうで買うのは1つ

・住宅財形を会社がやっていたら、これも少し有利

2万なので、1万を自社株、1万を住宅財形に割り当ててみて

はどうでしょうか?

るいとうで株式を買う場合は長期スパンで、ある程度平均化

されて、儲かるときは儲かるという代物です。

損することもあります。

もしかすると住宅財形に2万円の方が良いかも知れませんが

堅すぎるので。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます^^

るいとうとは「株式累積投資」のことで合っていますでしょうか。詳しく調べてみたいと思います。

それと、「住宅財形」というのは会社ではやっていませんので、残念ながら不可能です。とこで、住宅財形というのは、投資ではなく貯蓄のように思うのですが、そのあたりいかがでしょうか。

今回ほしいのは、貯蓄の手段ではなく、あくまで投資で増やしていく手段、の情報になります。(もちろんリスクがあるのは承知の上なので、投資をすることが正しいかどうかはわからないのですが・・・)

以上、よろしくお願いします


2 ● sin3364
●30ポイント

月々1万円から始められる積立投資はどうですか?

積立て倶楽部|野村證券

http://www.nomura.co.jp/retail/plan/tsumitateclub/

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます^^

こういうのもあるんですね。るいとうと似ていますが別物なんでしょうか・・・?また、投資信託とも似ている気がしますね・・・

他にも何かあればお教えください。よろしくお願いします^^


3 ● sylphid666
●30ポイント ベストアンサー

2番の方が挙げられている野村證券の積立倶楽部は野村證券が行っている積立商品の総合名なようなものなので、るいとうも投資信託積立もどちらも含まれています。

大まかに言って

・るいとう

・投資信託積立

・外貨積立

の3つが挙げられるかと思います。

買いたい株の会社があればるいとうがいいでしょうし、投資したい対象があるのであれば投資信託。興味のある外貨があれば外貨投資など。

もちろんどれもリスクはありますし、投資信託と一口に言っても投資対象が違う様々な商品があるので、どれを買うかで違ってきます。

外貨もドルかユーロか豪ドルかなどどの通貨を買うかで違ってきます。

るいとうに似たような物でプチ株という物や(るいとうと手数料のかかり方が違ってきます)

http://www.kabu.com/item/petit.asp

また、積立であれば純金・プラチナ積立という物もあります。

こちらも変動リスクはありますが、価値が下がった場合に株などとは違って、紙くず同然になる可能性は低いと言えます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%94%E9%87%91%E7%A9%8D%E7%AB%8...

ハイリスクハイリターンを目指すかローリスクローリターンを目指すかで買う商品も違う物になってきますので、お気を付け下さい。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます^^

なるほどなるほど。色々な選択肢を教えていただいてありがとうございます。私の性格的には、まず投資に対してあまり手間暇をかけて本業がおろそかになるようなおとは避けたいので、ローリスクローリターンで気長にじっくりが趣味なんですが、そういう人にとってはどういうのがオススメなんでしょうか。

よろしくお願いいたします。


4 ● j1960
●30ポイント

投資ということなので上手くいった場合にゲインをかなり得たいという思惑もあると思います。2万円のうち損をしても惜しくない金額を株式投資に向けるといいです。例えば毎月4000円は株式投資用にプールしておき買いたい銘柄の株を継続的に買うのです。これはドルコスト平均法といって長期的な投資に有利な買い方です。手持ち資金があるからといって投資の最初の時点で多く買ったりしてはいけません。コツはとにかく決めた一定額を毎月買い続けることです。

値段が上がってきたからどんどん買おうとか値段が下がったから心配になって売ろうとか考えないことです。損をしても惜しくない金額を投資しているのですから目先の損得は考えないことです。

初めての株式投資

ミニ株

3万円以下で買える株

リスクを減らしたいならば投機的な銘柄よりは比較的安定した会社の銘柄がお勧めです。

残りの金額はリスクの低い積み立て系の預金あるいは投信を半々で投資すればバランスがいいと思います。毎月投資できる金額が増えた場合は特に理由が無い限りリスクの度合いが変わらないように同じバランスになるようにしましょう。

ハイリスク、中リスク、低リスクを組み合わせて投資するのが賢いやりかたです。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます^^

> ハイリスク、中リスク、低リスクを組み合わせて投資するのが賢いやりかたです。

なるほど、勉強になります。それぞれのリスクの度合いに対して、どういった投資の選択肢があるんでしょうか。同じ株でもハイリスク・ローリスク、いずれもありうるものなのでしょうか。それとも株はハイリスクで、投資信託はローリスクなど、投資手法でわかっれるイメージなのでしょうか。


5 ● GLOOM
●30ポイント

投資方法の大体は上記の方々のとおりでいいのでj1960 の回答への返答についての回答を。

まず投資信託=主に複数の株の銘柄(場合によっては債権とかも)を少しずつ詰め込んだバスケットという感じです。

投資信託が株よりローリスクというのは数を多く買っているので1つが紙くず同然になってもその割合が小さいということです。逆に暴騰しても利益が少しってことになりますが。

一口に株といっても銘柄には大きな差があります。

できた数年の会社から100年を超える会社まであるので当然ですね。一般的に株価の変動要素は将来の利益予想の変化です。

そのため一般的に最もローリスクといわれているのは事実上独占企業に近い電力・ガスです。極めて倒産するリスクが少なく、利益幅・配当幅のムラも極めて少ないので安定した配当が望めます。

逆に最もリスクの高いのはできて数年しかたっていない企業。特に新しい事業形態や今は落ち着きましたがネット関連、新薬開発メーカーです。全く利益形態が未知数であったり、新薬開発成功しないと倒産まっしぐら(実際は物凄い安い株価で株を刷って生き延びることが多い)なので基本どこが安い、高いというのは大きく個人の感性が問われます。

株全体そのものはミドルリスクだと思いますが、こういった個々の差があります。低リスク銘柄は何だとかいうのは完全に自己の感性が絡みますがまあ、一般的には上記の通りです。

一番ローリスクな投資というのは国債(これも国が返済に困窮したら元本保証がないので投資の一種)。

ハイリスクのは商品先物・FX(為替)ですね。

ちなみに株のハイリスク例はこんな感じ。別段利益は上がり続けていますが、数年前にネットゲームは急成長を続けると言われて買われていたネットゲーム大手ガンホーの株価推移です。

http://quote.yahoo.co.jp/q?s=3765.j&d=c&k=c3&a=v&...

電力はこんな感じ。

http://quote.yahoo.co.jp/q?s=9501.t&d=c&k=c3&a=v&...

(東京電力)去年半ばから電力株人気が始まり、買い込まれて一時4500円をつけましたが、長期間ほぼ2000-3000円の値幅で安定しています。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます^^

なるほど、銘柄による差というのも案外わかりやすいんですね。社会インフラ握っているものは安定する感じですか。

商品先物・FX(為替)についてはまったく知識がなかったので調べて見ます。FXってそういえばZAIとかでよく見る単語ですが、意味をまったく知らずに流していましたw

勉強してみたいと思います、ありがとうございます。

他にも何か選択肢があれば引き続き教えてください。よろしくお願いいたします。


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ