人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

InDesign(インデザイン)で演劇などで使用する台本を作りたいと思っています。
例えばこういう文章と台詞で作りたいとします。

メロスは両手で老爺のからだをゆすぶって質問を重ねた。
老爺は、あたりをはばかる低声で、わずか答えた。

【老爺】「王様は、人を殺します。」
【メロス】「なぜ殺すのだ。」
【老爺】「悪心を抱いている、というのですが、誰もそんな、悪心を持っては居りませぬ。」

これを以下のように書式したい場合、どのように段落スタイルを設定すればよいでしょうか。

メロスは両手で老爺のからだをゆすぶって質問を重ねた。
老爺は、あたりをはばかる低声で、わずか答えた。

【老爺】 「王様は、人を殺します。」
【メロス】 「なぜ殺すのだ。」
【老爺】 「悪心を抱いている、というのです
が、誰もそんな、悪心を持っては
居りませぬ。」

【】部分を別のテキストフレームに入れるのが一番簡単なのでしょうが、この質問では出来たら同一のテキストフレーム内で処理する方法について限定したいです。
よろしくお願いいたします。

●質問者: konakana1234
●カテゴリ:コンピュータ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:InDesign インデザイン スタイル テキスト フレーム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sokyo
●100ポイント ベストアンサー

こんばんは。

はてなへようこそ!

私の使っているInDesign CS2 for Macで説明しますね。

まずテキストをちょっと変えます。

「【老爺】」と「「王様は、…」の間にtabを入れてください。

ほかの部分も同様に、tabで区切ったテキストを用意します。

で、ここからはInDesignでの作業。

段落スタイルの「インデントとスペース」を開いてください。

その中の「左/上インデント」を20mm程度に、「一行目インデント」を-20mm程度にしてください。

こうすると、セリフの行頭がキレイに揃うハズです。

数字は適宜調整していただきたいのですが、絶対値が同じになるようにしてくださいね。

ちなみに、話し手などの部分(どう呼ぶのかな…汗)だけ、セリフとはフォントを違えるコトもできます。

この場合にはあらかじめ文字スタイルを設定しておいてから作業します。

「ドロップキャップと先頭文字スタイル」を開いてください。

「先頭文字スタイル」の個所に、設定しておいた文字スタイルを適用。

そのあとのポップアップメニューは、「タブ を含む」としてください。

これでOK。

話し手の部分にゴシックを、セリフなどには明朝を使うとメリハリがついて読みやすいと思いますよ。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

希望通りの形に出来ました。

タブキーを使うやり方は他にも応用が利きそうですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ