人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

商業小説で使われているフォントと文字組、そして紙について知りたいです。

・フォントと級数(本文に限定/見出しは除く)
・文字組(○○字×○○行 ○段組 天地余白/小口/ノドの設定)
・本文用紙の種類

しかし小説と一口に言っても新書、文庫、ジュニア小説と色々ありますので、とりあえず以下のものに限定してみたいと思います。

文庫(A6版)
・角川文庫
・岩波文庫
・コバルト文庫

新書
・講談社ノベルズ
・カドカワノベルズ
・カッパブックス
※新書は微妙にサイズが違うので、判型の詳しいサイズも教えて頂けたら更に良いです。

よろしくお願いいたします。

●質問者: konakana1234
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:カッパブックス コバルト文庫 サイズ ジュニア ノベルズ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● hayashi7
●0ポイント

http://d.hatena.ne.jp/bhikkhu/20070714/p1

◎質問者からの返答

上記のリンク先はなんでしょうか?

質問の内容にそった回答は見受けられませんでした。

もしも見落としがある場合は、当該記事にリンクをお願いします。


2 ● sokyo
●70ポイント

おはようございます☆

ちょっと条件とは違うんですが、手元に岩波新書がありますのでそれでもいいですか??(汗)

http://q.hatena.ne.jp/1191145812#a765049

ちょっとあんまりな回答かと思うので…υ

内部の人間ではありませんので、実測値です。数字には多少の誤差があります。

◆本文

・フォント:モトヤ明朝2か3(たぶん2)

http://www.motoya.co.jp/product/product_f.html

・級数:13Q

・字送り:12.5H 字間:-0.5H

・行送り:22H 行間:9H

・カーニング:和文等幅(約物は等幅とは限らず、なにやら調整しているみたい)

・禁則調整:追い出し優先のようです。

◆文字組みなど

判型:105×172

文字組み:42字×15行 縦組み 1段

マージン:天20.5mm 地:20.125mm 小口12mm ノド12.75mm

◆用紙

用紙:不明

こんな感じでよろしいでしょうか?

日本社会の歴史〈上〉 (岩波新書)

日本社会の歴史〈上〉 (岩波新書)

  • 作者: 網野 善彦
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: ?

私が見たのはこの本です。

http://www.wgn.co.jp/store/dat/1076/

フォントはこの本で調べました。

http://www.plus-designing.jp/index.html#vol07_enq

この本が今 店頭に並んでいます。

こちらでも文字の特集が組まれています。

デザイン解体新書

デザイン解体新書

  • 作者: 工藤 強勝
  • 出版社/メーカー: ワークスコーポレーション
  • メディア: 単行本

この本で、文字組みについて詳しく触れられています。用紙などにも解説が。

前に読んだ最近っぽい新書(新潮新書だったか?)ではリュウミンが使われていました。

小塚明朝も最近は多いようだと何かで読みました。

以前は級数は12Qが主流だったようですが、近年は13Qが多いみたい。

◎質問者からの返答

岩波新書についての詳しい解説ありがとうございました。

せめて級数とフォントの種類だけでもわかれば嬉しいなと思っていたので、とても助かります。

京極夏彦さんは自著でヒラギノW3を使っているそうですが、他の方の本はどんなフォントを使っているのかなあと気になったもので。

紹介していただいた本についても読んでみます。

ありがとうございました!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ