人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本では、ミシェル・プラティニの愛称と言えば将軍ですが、
彼の愛称は海外でも「shogun」ですか?

そうでないとしたら、どのような言葉が超訳されて「将軍」になったのですか?

●質問者: SuzukiU
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:SHOGUN ミシェル・プラティニ 将軍 愛称 海外
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kagetsu

フランス語版wikipediaでは、あだ名のところにフランスではPlatoche(プラトッシュ)、イタリアではLe Roi Michel(王様ミッシェル)とあります。

http://fr.wikipedia.org/wiki/Michel_Platini

イタリアでのあだ名、「王様」が転化したのではないかと思われます。

◎質問者からの返答

そこまでは辿り着けるのですが、そこからが疑問なのです。フランスで将軍と言われて思い浮かぶものといえば、ナポレオンが最も近いのですが、プラティニがナポレオンと呼ばれていた事実も無く、突然"将軍"という単語が出てきます。中国語を含めて検索しても、将軍とプラティニを結ぶものは見つかりません。

プラティニはユベントスでトヨタカップを獲っていますので、その辺で何かが起こったのではないか、とは思うのですが。(例えば当時のフランス/イタリアの新聞の見出しや外電のキャッチで「shogun」と一度だけ使われた物が輸入されて定着してしまった、等。)あるいは、日本のメディアが勝手にベッケンバウアーの「皇帝」、ペレの「王様」に対抗して適当に「将軍」とつけてみたというだけの、広告戦略(日本のメディアは、最終盤のトヨタカップやワールドカップ、あるいは国際試合でも、酷いニックネームをつけて、連呼する傾向にあるのは皆様ご存じの所だと思います。)だったのでしょうか。母国ではない国での「王様」という語が将軍に超訳されるというのは、かなりの違和感があります。78年のワールドカップの時点で、既に日本での呼び名は「将軍」だったのか等、当時を知る方の話が聞ければ嬉しいのですが。


2 ● safari33

それはだれですか?



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ