人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【書籍のご推薦をお願いします】

私の勤め先のIT企業で、来春入社する新入社員のための推薦図書の選定を行っています。

そこで、はてなのみなさまに質問です。
下記の条件を満たすもので、ご推薦いただけるものがございましたら、
ぜひお教えください。

・IT業界の成り立ちや仕組みに関して興味を抱かせるような読み物。

・プログラミングなどの技術に関して興味を抱かせるような読み物。

・IT業界での実務に関して具体的なイメージを持っていただけるようなもの。

・その他、コミュニケーションスキルやビジネスマナー、さらにはロジカルシンキングなどのヒューマンスキル系の優れた書籍。

以上、できるだけくだけて読みやすいものをご推薦いただけたら嬉しく存じます。

●質問者: netarou0815
●カテゴリ:コンピュータ ウェブ制作
✍キーワード:いもの はてな イメージ コミュニケーションスキル スキル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● zalop
●200ポイント

IT・ネット業界地図 2006 (「会社四季報」図解シリーズ)

IT・ネット業界地図 2006 (「会社四季報」図解シリーズ)

  • 作者: 東洋経済新報社
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • メディア: 大型本

カラー+図版などで分かりやすい、手に取りやすい。

漠然とした業界なのでまずは俯瞰で見てみる。


Windowsプログラミングの極意 歴史から学ぶ実践的Windowsプログラミング!

Windowsプログラミングの極意 歴史から学ぶ実践的Windowsプログラミング!

  • 作者: Raymond Chen
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • メディア: 大型本

身近にあるwindowsのプログラムの説明と歴史。


はまぞうで出てこなかった(もう売ってないかも)んですが、

「日経ソフトウエア」の6月号。新人応援特集

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E7%B5%8C%E3%82%BD%E3%83%95%E3%...



お仕事のマナーとコツ (暮らしの絵本)

お仕事のマナーとコツ (暮らしの絵本)

  • 作者: 西出 博子
  • 出版社/メーカー: 学研
  • メディア: 単行本

女性向けで内容は易く、「馬鹿にしてんのか」という声も聞こえそうですが。

職人気質に傾きがちな技術者にコミュニケーションはこういう些細なことの積み重ねだと感じてもらいたい。



考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

  • 作者: バーバラ ミント グロービスマネジメントインスティテュート
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • メディア: 単行本

内容がつまってます。上記の「お仕事と?」がソフトならこちらはハード。ロジカルシンキングならこれ。ただし読みづらい。


2 ● にぎたま
●200ポイント

ITエンジニアのための勉強の法則

最初に読んでおくと良いと思います。

気持ちの持ちよう、モチベーションの維持、コミュニケーションの方法など基礎的な構え方が書かれています。

ITエンジニアのためのコミュニケーション能力診断 トレーニングで伸ばす9つの力

「人付き合いが少なくて済むと思った」そんなつもりで入社したのにコミュニケーションができなくてIT業界を去っていく・・・そんなありがちな問題を事前に防ぐためにこの本で意識をしっかりさせるとか。

プログラムはなぜ動くのか

普段身近に接しているコンピュータ、そもそもいったいどうなっているのかについて文系の人にもわかりやすく説明しています。世の中の見方も変わってなかなか面白いと思います。


3 ● mikkineko
●200ポイント

コンサルティング入門

内田 和成著

税込価格 : ?1,050 (本体 : ?1,000)

出版 : ゴマブックス

効率的・効果的に仕事を進める方法・考え方はコンサルタントになる人だけでなく、社会人全般に意味があるのではないかな、と。

対談形式が多く読みやすいと思います。

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31915718

http://ameblo.jp/king-crimson/theme-10004012887.html


4 ● ino-k
●200ポイント

パソコン創世記

パソコン創世記

  • 作者: 富田 倫生
  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

パソコンたるものが生まれた頃から、日本ではNECのPC-98シリーズ全盛の頃あたりのストーリーが描かれています。ビル・ゲイツとか、スティーブ・ジョブズとか、日本だと西和彦とか。そういう、IT業界の有名人(西和彦は、来春入社の新入社員が知っているとは思えませんが…)が、若い頃に何をしていたのか。なかなか、皆さんカッコいいのです。また、あまり知られていない技術者が会社組織の中で、どう悪戦苦闘して、世の中から評価されるものを作っていったのか。そういうストーリーにも事欠きません。

知っていたからすぐ役立つというものではありませんし、ホビーの色合いが強いのも事実ですが、「IT業界の成り立ちや仕組み」といった点では興味深いのではないでしょうか。(そもそも、今やIT業界を支えている「パソコン」というものは、ホビーの世界から生まれたものですから。)

この本は、買わなくても、青空文庫でフリーテキストとして、著者自らの手によって公開されています。その辺もオススメです。


5 ● Baku7770
●200ポイント

田原総一朗の新パソコンウォーズ―あなたの知らなかった’90年代パソコンの現実 (The Computer Books)

田原総一朗の新パソコンウォーズ―あなたの知らなかった’90年代パソコンの現実 (The Computer Books)

  • 作者: 田原 総一朗 富田 倫生
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • メディア: 単行本

日本コンピュータの黎明―富士通・池田敏雄の生と死 (文春文庫)

日本コンピュータの黎明―富士通・池田敏雄の生と死 (文春文庫)

  • 作者: 田原 総一朗
  • 出版社/メーカー: 文芸春秋
  • メディア: 文庫

IT業界の成り立ちについては田原総一朗がいいでしょう。「日本コンピュータの黎明」に書いてある平松課長とのやりとりは現在も活きていて富士通が本社と本店を設け続けざるを得ない理由の一つでもあります。

ロジカルシンキングなどのヒューマンスキルについては日下公人、童門冬二辺りが良いでしょう。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ