人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ライトノベルと文学小説の違いって何ですか?

二つの違いを、以下のフォーマットで教えてください。

1)あなたがライトノベルと思う作品
2)なぜ、これはライトノベルか
3)あなたが文学小説と思う作品
4)なぜ、これは文学小説か
5)以上から、ライトノベルと文学小説はこう違う

作品の時代、国籍は問いません。
また、複数冊を例に挙げていただいてもかまいません。

フォーマットを大きく外れるとポイント出せません。
コメント欄は開いておりますので、フォーマット以外の解答はそちらにお願いします。


文芸学に詳しい文系・芸術系の方(もちろん、理系・体育会系の方も)、やさしく教えてください。
よろしくお願いいたします。


●質問者: sayao
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:あなた コメント欄 フォーマット ポイント ライトノベル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/12件

▽最新の回答へ

1 ● unextinghuisable
●18ポイント

1)あなたがライトノベルと思う作品

2)なぜ、これはライトノベルか

3)あなたが文学小説と思う作品

4)なぜ、これは文学小説か

5)以上から、ライトノベルと文学小説はこう違う


1)自身がライトノベルと思っている作品

ブギーポップ、スレイヤーズ、魔術師オーフェン

戯言シリーズ、フォーチュンクエスト


2)なぜコレはライトノベルか

極端にゲーム的な形で空想化された世界での

人生を描いている。性格の形成が漫画的な

群を抜いた極性ものでできた人間が大勢出ている。

文章が人をその世界に存在していることへ

酔わせ、非現実を楽しむように作られている


3)文学小説

異邦人、カラマーゾフの兄弟、ツァラストラは

かく語りき、雪国、伊豆の踊り子、沈黙、

源氏物語


4)なぜこれは文学小説か

あるていどの時代の変遷を経て残っている。

言語を越えた普遍的な人間に潜む情動や、

人間の模様を描き出している。それぞれの

小説は人間の根幹に触れるようなものがあり、

深く考察していけばいくほど、さらに新しい

発見が存在する。読むだけで、人間の感性として

震えるものが存在するなど


5)

ライトノベルは時代の変遷を経てないというのが

もっとも大きな違いです。時代や、その場での

盛り上がりに惑わされて本質を見失っていて

ただ端的な感情で喜んでいてあとには何も残らない、という浅はかな読後感のみになってしまう場合

が、時代を経ていないものより多いといえます。

もちろん文学作品でも、時代を経ているとはいえ

あわないものもあります。


次に、基本的にライトノベルはゲーム的な世界に

酔わせようとしているのがほとんどのように思え

ます。完全に現実社会から逃避しているような

ものが多いように思えます。人間社会の構造や

人間性を捉え、その上で立脚した物語の構造という

のは、あまりないように思えます。音楽で言うと

過去一世を風靡した「小室ソング」と同じで、

歌詞全体を捉えるとまったく意味不明で、ただ

ノリのみで展開しているようなものです。

本質を見失った騒ぎとも、意地悪な見方をすれば

いえます。が、ライトノベル自体はおもしろい

ですから、適度に楽しむ分には問題ないように

思えます


そもそも、自分個人としては並べて論じる

存在ではないように思えます(優劣ではなく)

同じTVの作品だからといって、ニュースも

ドラマもアニメもバラエティも同じ比較に

立たないように、同じ文字で展開するメディア

だからといって、文学とライトノベルが

基本的には同線上に存在しているということは

無いように考えます。


ただ、同じ文字で表現するものですから

きっとバトルロワイヤルのように、きわめて

存在が曖昧なものもでてくるでしょうから、

そこがこういった議論を呼ぶのやもしれません。

けれど、そういったのは例外で基本的には

上に書いたように考えています

◎質問者からの返答

私も文学的な性質を持った作品と、ライトノベル(と呼ばれているもの)が同一線上とは思っておりません。unextinghuisableさんと同じ考えです。

他の部分の捉え方も、結構似ています。


今回この質問をしたきっかけは、たまたま「川端康成はラノベ」や「源氏物語はラノベ」のような書き込みを見かけたためです。

色々な認識があるんだなーと思い、皆さんはどのように「○○はライトノベルっぽい」と感じているのか、具体的な書籍名を挙げて教えて欲しいと思いました。

さらに「人間失格」の表紙を小畑健が描いた事もあり、「マンガ絵やアニメ絵の表紙がライトノベル」という定義もちょっと違ってきたのかな、とも思いました。


バトルロワイヤルは映画版しかみていないので、なんともいえません…。


ご解答、ありがとうございました。


2 ● white-whale
●17ポイント

1)

キノの旅、NHKへようこそ!、ブギーポップは笑わない、

半分の月が上る空、ミミズクと夜の王、涼宮ハルヒの憂鬱


2)

上の小説は一般にライトノベルと認識されている電撃文庫等の

作品であり、作者自身がライトノベル作家であるという記述

も見られる(キノの旅11巻巻末等)。NHKについては5で述べる。


3)

以下、文学小説を一般的認識における純文学と定義する。

人間失格、雪国、世界の終わりとハードボイルドワンダーランド、罪と罰、変身、介護入門


4)

上の作品は一般に文学として認識されている。

文学において求められるのは芸術性である。その際中心となるのは

雪国に見られるような情景、人間失格に見られるような心情の吐露や描写、罪と罰における人間の普遍的問題などである。


他の芸術(絵画や音楽)と同じように表現するものが他者に対し

自己の感覚を伝えること自体が目的であり、またその過程において自己の大きな精神的変化がしばしば見られる。


純文学においてはこの感覚、精神が重視され、プロットやキャラクター設定、ストーリーの面白さなどは結果的に切り捨てられることもある。


また文学における感覚を伝える他者は一般的に無差別である。

5)

ライトノベルとして上げた作品群、またそう呼ばれる作品において

表紙はマンガ的なイラストが多用される、挿絵として同形態のものが載っていることが多い。…A


また多くの場合それらは作品内のキャラクターであり、作品の内容はそのキャラクター達が織り成す物語である。…B


物語は純文学として認識されるものよりも主題が前面に出されたものではなく、大衆文学の延長上にあると言える。…C


作品内の表現は難解なものは少なく、メインとなるキャラクターは

10代、ローティーンがほとんどであることから主に同年代を対象とした小説であることが考えられる。…D



5)これらと4で述べた文学とを合わせて考えるライトノベルとは


何か面白い(この場合の面白いは笑いや感動、萌えなど)物語の為に

キャラクターや設定(B、C)を練って作られた物語であり、

マンガやアニメ、ゲームを好むようなローティーンを主な対象とした(A、D)ジュブナイル小説である、と考えることが出来る。


その対象ゆえに軽い文体や内容であることが多く、ライトノベルと

呼称されるのだと思われる。


NHKについてはA、B、Dの要素が強く、マンガやアニメ展開が

あることからライトノベルと位置付けた。


また上記以外の作品で十二国記や乙一の作品など、また上記の作品では半月など内容がライトでない作品(ライトな部分はあるが)が大衆文学とライトノベルが別のジャンルではなく(上の要素が満たされない場合がある)、ライトノベルがその一部であることを示している。


近代以降純文学と大衆文学文学を分けたことから銀河鉄道の夜のように童話(=大衆文学)でありながら純文学と呼称することが否定しえない物語が存在するように、もちろんジャンル分けは万能ではない。

◎質問者からの返答

芸術性と娯楽性という軸で考えると、とても分かりやすいです。

なかなかの目安になりますね。

10代、ローティーンがほとんどであることから主に同年代を対象とした小説であることが考えられる。

おそらく、「ライトノベル」の当初?狙った年齢層だったのでしょうが、いつの間にやら20代?30代の人も読み続けるようになった為、複雑化している気がします。

また、挙げていただいた「十二国記」や「乙一」などジャンルをまたいでいるものもあるので、作家で見分けたり出版社で見分けたりも難しくなっているんでしょうね。


ところで「ジュブナイル小説」は小学生向けのイメージがあります。

「ライトノベル」より低い年齢層をターゲットにしている感じでしょうか。


3 ● gorin5
●17ポイント

1)あなたがライトノベルと思う作品

一昔前のライトノベルというと『スレイヤーズ』や、あかほりさとるの諸作品などが売れていたと思います。最近だと『涼宮ハルヒの憂鬱』なんかが有名だと思います。

2)なぜ、これはライトノベルか

角川スニーカー文庫や電撃文庫など、基本的には出版社がライトノベルとして売り出している作品はすべてライトノベルだと思います。アニメのノベライゼーションも多いです。そうでない作品も、映像化するとアニメになり、はじめからアニメ化を想定して作られている場合も多いです。よって、登場人物(キャラクター)は基本的にアニメや漫画などの二次元的な人物が想像されます。

3)あなたが文学小説と思う作品

高橋源一郎『さようなら、ギャングたち』、保坂和志『カンバセーションピース』

4)なぜ、これは文学小説か

「ことば(言語)」に対する感覚が鋭く、人間や社会に対しての解釈も深いからです。

5)以上から、ライトノベルと文学小説はこう違う

ライトノベルは、書き手の想像力の中心に、アニメやゲームや漫画があると思います。

文学小説は芸術作品と同じで、既存のものではなく新しい何かを小説の世界に持ち込んだものが文学小説であると思います。

◎質問者からの返答

「出版社側がそのライトノベルとし売り出したい」となると、ライトノベルにならざるをえないですね。


創造の中心にアニメやゲーム、漫画・・・二次元が想定されているとすると、もしかして「実写化するとコケる」という基準もあるかもしれません!?

この基準は思いつきませんでした(もちろん、ライトノベル以外の場合もコケる事は多々ありますが・・・少女マンガは結構上手く行っているイメージが)。


4 ● 心は萌え
●17ポイント

1) 人間失格 太宰治 新装版

2) 小畑健イラストという理由で売れた分はライトノベル的な売れ方でしょう。

3) 人間失格 太宰治

4) オリジナルについては、古典作であり、文学作品として広く知られていると思います。

5) 違いというか区別をする物ではないと思います。上記はあくまでも冗談ですが、ライトノベルでありかつ文学小説というカテゴリが存在できないとは思いません。

ライトノベルというのはライトな表現方法 ライトな売り方という事であり、かならずしも、内容を定義するものでは無いと思います。

一方、文学小説というのは、内容の話をされていると思われ、比べるベクトルが違うので、比べる物ではないと考えます。

◎質問者からの返答

冗談で答えられても・・・


5 ● Vermin
●17ポイント

1)あなたがライトノベルと思う作品

星新一『未来いそっぷ』

2)なぜ、これはライトノベルか

別にコミックイラスト的な挿絵もないので、俗に云うライトノベルとは印象を異にするとは思うのですが、私の中でライトノベルと普通の小説の境界はこれになります。

軽く読めて、単純明快な面白さが得られるという条件を満たすのがライトだと思います。想像力をフル活用せずとも頭に入ってくるような漫画的表現などが特徴でしょうか。まあこれだと、童話との差は微妙なんですけどねぇ…。考えてみてギリギリ、ライトと出来るのがコレでした。

3)あなたが文学小説と思う作品

ドストエフスキー『罪と罰』

4)なぜ、これは文学小説か

まずもって、簡単には読めませんので、ライトノベルとは呼べません。では普通の小説とはどう違うのかですが、これは正直よく分かりません。まあ、小難しく書いた本ですよね。

5)以上から、ライトノベルと文学小説はこう違う

小説の中に両方分類されるわけですから、本質的には変わりはないと思いますが、「志向」は違うでしょうね。

ライトノベルの場合、何を表現しているか、作者がどう思っているかなどが重要なのではなくて、「軽く読める」というのが第一義なのだと思います。今流行りのケータイ小説もライトノベルの新しい形と云えないことはないかも知れません。この上なく気軽な読み物ですからね。

文学小説の場合は、簡単に読めてしまうものでは困ります。構成自体が短くすぐに読めたとしても、表現される文は難解である必要があります。色々な解釈が可能であることが望ましいでしょう。読み解く作業に重点が置かれますからね。読者の読む力が試される読み物が文学小説ではないかと思います。大衆小説の価値である、面白いかどうかは重要ではありませんね。

結論ー

ライトノベルは「読みやすい本」であり「読むための本」。

文学小説は「読みにくい本」であり「解くための本」。

◎質問者からの返答

星新一は悩みますね。うーんうーん。

確かに軽く読めるて「ははぁ、なるほど」となるのですが、ちょっとした風刺が効いていたりして「これってよく考えると・・・おおっ!」となることもあります。

ライトノベルらしいライトノベル?(表紙が漫画絵や特定の出版社から出ているなど)以外の解答でちょっと興奮してしまいました。


ライトノベルは「読みやすい本」であり「読むための本」。

文学小説は「読みにくい本」であり「解くための本」。

上手くまとまっていて、なるほどっ!と思いました。


所でケータイ小説って凄いですね。

ちょこっと読んだことがあるのですが、まったく情景が浮かびませんでした・・・。

これも「読みにくい本(文)」で解きながら読まなくてはならないですね、はは。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ