人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以下の英訳お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
体験型投稿機能」とは、「お知らせ機能」と連動する機能で、親が設定した「子供に行って欲しくない場所」や「危険だと感じる場所」を回避する支援を行いながら、子どもに対して、地域安全マップに追加する問題を出題する機能である。

●質問者: wakannaidesu
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:マップ 危険 回避 地域 子ども
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/5件

▽最新の回答へ

1 ● takarin473
●23ポイント

The experience type contribution function" is a function to set the problem of adding it to the regional safety map to the child while doing support that evades "Place where it doesn't want the child to go" that parents set and "Place felt dangerous" by the function that synchronizes with "Information function".


2 ● くまっぷす
●28ポイント

"Experience-based Contribution Function" is the function works with "Caution Area Alert" which assists children avoiding the places such as "not to want children to go" and "thought to be dangerous" which set up by parents and gives children questions to add the new caution place (children found) to the Regional Safety Map.

ぐらいですかね。元の文章だと何を地域安全マップに追加するか書いてないので…。


3 ● mymajor
●17ポイント

体験型投稿機能」とは、「お知らせ機能」と連動する機能で、親が設定した「子供に行って欲しくない場所」や「危険だと感じる場所」を回避する支援を行いながら、子どもに対して、地域安全マップに追加する問題を出題する機能である


4 ● mymajor
●22ポイント

上の回答を間違ってしまいすいません。

お詫びとして20pt送らせてもらいます。

回答はこれです。

The experience type contribution function" is a function to set the problem of adding it to the regional safety map to the child while doing support that evades "Place where it doesn't want the child to go" that parents set and "Place felt dangerous" by the function that synchronizes with "Information function".

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ