人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: comyuser3
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:アドバイス ケアレスミス ミス 入力ミス 努力
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

6 ● hanatomi
●15ポイント

個人的な工夫方法で、職種もありますし、又、基本的過ぎたらごめんなさい。

入力ミスは、校正だと思ったらいいですよ。

赤ペンを持って一字ずつ見ていくようなつもりで。

そのうち、自分の間違う癖がわかると思います。

横書きでしたら紙を折って pcのウインドウに当てる、又、少し時間を置いて後で見ると発見があったりします。

それから社用文書は形式が決まっているので決まった形式の雛形を保存しておくのも便利で間違いにくいですよね。


聞き取りミスは、いつも筆記具を持っていたらいいですよ。

小さいメモとペン。

予定だったらスケジュール表にその場で書き込む。

指令だったらメモに書き込む。

書類にプラスアルファされた仕事だったらその仕事の用紙に鉛筆等で薄く書き込むかポストイットなどに書き込んで貼り付けてもいいかもしれません。


確認ミスは、「自分は(人間は)間違う」と知っていたらいいと思います。私は数人のスケジュールが関わり、費用も大きい予定などは本決まりの前に、印字したものを担当者に、訂正があればお伝えくださいと書いて渡したりしていました。

一度、飛行機の予約が間違っていた事があり、(その人の個人的に出る会議がもう一つあった)前もって本人に確認したため助かりました。確認は有効だなと思いました。

「決定する前に配って確認」はさして手間はかかりませんし、習慣にすると楽でしたよ。

以上参考までに・・

◎質問者からの返答

メモも工夫をしようと思います。やはり細かい確認作業を怠らず、少々細かすぎと思うくらいが丁度よいのかもですね。ありがとうございます。


7 ● Velocity
●15ポイント

大きな失敗をして大恥を掻かないと繰り返すでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。大きな失敗をして大恥を掻いてきているつもりですが、今では小さなミスでもビクビクしてしまい、大小に関わらず、ミスをする恐怖心が大きいです。


8 ● chibi_debu_ji
●15ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1192205367

“ケアレスミス”

大辞林 第二版より

〔careless mistake から〕

注意していれば防げたはずの間違い・失敗。

和英辞典powered by三省堂

ケアレスミス

エクシード和英辞典より


キーワードは“注意”と“反省”。

慎重し過ぎても、テキトーでも、「ダメじゃん」と思います。

“注意”は勿論ですが、“反省”も大切なキーワード。

仕事以外の生活にも通じることだと思います。

何事も良い意味で“適当”な注意と反省が必要。

注意、反省。

どちらもパワーが必要です。

パワー…。

言い方変えれば“根性”かも。

“根性”と言うことば大嫌いなんですが。

御理解願い易いかと思って。

抽象的な返事ですね…。

◎質問者からの返答

何事も良い意味で“適当”、納得です。“根性”は、これだけで動いているときもあるくらいで、根性の度合いも考えさせられるものがありますね。ありがとうございます。


9 ● ardarim
●15ポイント

ケアレスミスというのは、人間である以上完璧になくすことはできません。

ケアレスミスを「なくす」ことに心血を注ぎすぎるのは不毛であり無駄でもあります。


ケアレスミスはしてしまうことを前提に、仕事のやり方をミスしにくい構造にする、ミスしても検出しやすい仕組みを考えるなど、リカバリ策に重点を置くほうが良いと思います。


入力ミスですが、どのような入力なのかわかりませんが数字物であれば、同じ入力を2人でやって検算する(結果が一致するか)。文章ものであればスペルチェックなどを使って入力ミスがないか確認する。またある程度入力内容が定型化できるものであれば、定型の入力フォーマットを予め準備する。入力ソフトに変更が効くのであれば、入力欄のチェック機能を強化する(例えば日付としておかしい文字やありえない金額のチェックなど)


聞き取りミスは、口頭でやり取りする以上避けられません。少し手間ですが、メモ書きやメールでやり取りするなど確実な方法に変えていくことが望ましいです。


確認ミス・・・はどのようなものかわかりませんが、チェックリストのようなものを用意してはどうでしょうか。

ただし、チェックリストというのは単調なもので、慣れてくると適当にチェックを付けていくようになってしまうことがありあまり良い方法ではないかもしれません。可能なら機械的に最終確認できる手段を用意するのが良いのですが・・・(例えば必要な入力欄が全て埋まっていないと作業を完了できないようになっているなど)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ミスの起こるモノによっては、業務システム自体にも改善が必要と思われるものもあります。


10 ● pc_suki
●15ポイント

経理をしています。

私が実際にやっている方法を。

・数字のチェックは後ろから3桁ずつやる

例えば156,457,958の場合、下一桁(8)から順にチェック。

数字は三桁ずつしています

・一か所修正したら他の箇所も修正箇所が発生すると思え!

例えば生年月日を修正したら、年齢の修正が発生する。

名前を修正したら振り仮名の修正が発生する。

・聞き間違いの場合は、相手に復唱して確認を取りながらメモも取る

Aさんにこの書類を明日、B商事に届けておいて。

はいかしこまりました。

Aさんに明日、この書類をB商事に届けておくように伝えれば良いですね?と。

・ミスを起こしやすいな、という箇所は意識する

例えば1,234,657など、ついつい1,234,567と思ったりとかね。

こういう所は意識しますね

皆さん書かれていますように、ミスを完璧に防ぐのは難しいとは思いますが、ここだけは外さないでくれ!のポイントさえ押さえておけば後は大丈夫では?

しかし、私の会社で本当、ミスをしない事務員が一人いるんですよね?しかも仕事が早いんです。羨ましい・・・

◎質問者からの返答

確かに、連鎖的に起こる修正での修正落ちもあります。確認手順として、リストアップしようと思います。すごく勉強になりました。ありがとうございました。


6-10件表示/10件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ