人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

■コンビニについて教えてください。
コンビニについて資料を読みながら勉強しています。
その中でオーナーは月末の在庫についてナーバスだというような文脈があるのですが、オーナーの手取りに対して月末の在庫がどのように関わってくるのか教えてください。

●質問者: MMatsuo
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:オーナー コンビニ ナーバス 勉強 在庫
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● you_10
●35ポイント

新商品等々の販売実数地区別ランキングというものがあり、このため本部からチェックが入ります。

店舗には本部からのSVが必ず就いています。このSVは本部の人間ですので担当する店舗評価を上げるため地区別のランキングに注力します。

そのため、本部報告の売り上げを伸ばすため(消費期限の短い売れ残り商品を廃棄処分以前に)商品の買い取りをオーナー自らが行うこともあります。

それ以外にも、特に在庫が余っている商品(インスタント食品やペットボトル飲料など賞味期限が長い商品)は値引き対象になることがあります。

これらは本部からの支援金では賄うことができず負担になることが多いです。


http://www.ver-law.ne.jp/franchise.html


2 ● seble
●35ポイント

コンビニじゃなくとも月末在庫にはナーバスですよ。

普通は1ヶ月を最低単位として経理の中途集計をしますから、そこで売上や利益が出てきます。

在庫があるという事はそれだけ利益を圧迫するだけです。

店の利益=オーナーの利益ですからね。

手取り、みたいな考え方はできません。

税金は年間でかかりますので、1年終わってみないとどれだけの手取りになるかは確定はしません。

また、チェーンのコンビニだけに限った問題として、在庫に対するペナルティなどもあるかもしれません。

つまり、契約や物によっては売上保証があったりするようですが、単にそんなうまい話がある訳なく、在庫の買い取りとか、それ以上のペナルティとかありそうですね。

フランチャイズの契約はそうやってややこしくして、本社がうまく儲かるようになっている事もあるようです。

第一、セブンは25年だったっけ?その間、結構な上納金を納め続けなければなりません。

自身で、、、集客数などの調査を行い、確実に集客できるぐらいの自信がないならやらない方がいいですよ。

オーナーは24時間勤務ですしね。個人経営だとものすごくきついですよ。

http://www.franchising.jp/hanrei.htm


3 ● KUROX
●10ポイント

http://www.bus.kindai.ac.jp/kawamura/03semi/semi3/katsutani/kats...

実際のオーナーの手取りを計算した卒論があります。

232ページ目です。

「廃棄、棚卸増減」に関しての扱いが、コンビニ独自というかオーナーに不利なように

扱われていると思われます。

棚卸増減は、ほとんどが万引きによるもので、一般の皆さんが考えているよりかは

大きい額です。

----------------

月末の在庫が計算どおりあればいいですが、なければかなり痛いです。

で、コンビニ独自計算方式を採用されると、もっと痛いです。

あとコンビには必要最低限しか在庫を持ちませんし、持てる場所がないので

在庫の抱え込みとかはありえない話だと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ