人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ミヒャエル・エンデが、私を知りたかったら、社会を見なさい、私という自我は、社会の反映であり、私を知りたかったら、この私を作り出している社会的現実を見なさい。そこに、私という人間がどういう人間として生きているかがわかるという意味のことをいっているそうですが、それはどこに書いてあるか教えてください。よろしくお願いします。

●質問者: jptfj714
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:いるか ミヒャエル・エンデ 人間 現実 社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kanan5100
●35ポイント

http://www.goodpic.com/mt/asa/archives2/2005/01/post_100.html

そうではなく、真の自己とは、自身の外にあるものです。私がこの箇所でいっているのは、自身に課せられた課題をつかまえよ、ということなのです。自分の内部に探すのではなく、課題は外なる生がもたらしてくれる。外からこちらに近づいてくる。これが本当にだいじなことです。やたらに自分の中にもぐりこんで聞き耳をたてるのではなくて、世界が自分に差し出してくるものに気づくこと。

(「エンデと語る」p.43-44)

ただ、エンデ以外にも同じようなことを言っている人はいます。

あなたが自己を認識したければ世界のなか、あらゆる周囲に目をそそぎなさい。あなたが世界を認識したければあなたのなか、自身の深みに目を向けなさい

(R.シュタイナー「箴言集」)


2 ● karate_kid001
●35ポイント

http://de.wikipedia.org/wiki/Michael_Ende

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ