人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

素人お断りのビジネスは、増えてきているのでしょうか?個別の情報はぼちぼち見つけています。
投資関連のビジネスのマーケティング用ブログでも、http://usa-rei.com/archives/111011.html
「わざと、ハードルを高くしてあります。」と書いてあります。
個別のビジネスについてではなく、ビジネス的に俯瞰する形で、このように素人お断り的なマーケティング
アプローチが現状どうなっているのかを書いたブログ,Webページ、書籍などがありましたら、ご紹介ください。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:Web アプローチ ハードル ビジネス マーケティング
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●35ポイント

素人お断りというタイプのビジネスマーケティングは、近年の傾向である、対象を絞ったマーケティングを行なうものだと考えます。

ある程度以上の知識を持った人間を対象にすることにより、対象者により訴えることが出来ますし、幅広い説明を行なう必要も無くなって、省力化出来ます。


高度成長期の日本の企業は、物が無い時代であることから、万人が欲しがるもの、より広いターゲットを持つものを目指してきました。

しかし、最近は物が余って、多種多様なものから自分の好みのものを選ぶという時代に写っています。

全ての人の全てのニーズに応える製品を提供することは効率的ではなくなったため、市場の絞込みを行うマーケティングが良いとされてきています。


サイト

http://allabout.co.jp/career/marketing/subject/msub_mkt-04.htm


書籍

「せまく」売れ!「高く」売れ!「価値」で売れ!―満腹な消費者が喜んで財布の口を開ける商品戦略・サービス戦略http://www.amazon.co.jp/dp/4757301561?tag=linka-22&camp=243&...


お役に立ちますでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。もう一歩すすんで、上記のように知識のない人にはハードルを設けるというようなサービス商品(サービスと商品が一体化したパソコンも含む)のような動きについての考察はあるのでしょうか? 玄箱などのような動きです。いわゆるサービサイジングとの関連での議論があるとうれしいです。


2 ● hamster078
●35ポイント

http://www.milkstand.net/fsgarage/archives/000965.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ