人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「契りあらば六のちまたにまてしばし
おくれて先立つ事はありとも」
の出典及び意味を教えてください。

●質問者: dongwu
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sushi0
●100ポイント ベストアンサー

契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E5%90%89%E7%B6%9...

大谷吉継の辞世の句だそうです。

意味はこちらのサイトによると、

http://blogs.dion.ne.jp/boost_overshoot/archives/5259285.html

>この詩は部下の平塚 為広に詠った物とされます。意味は

>約束したから先に死んでも後だとしても六道で待ち合わせよう

>と言う所でしょう。

だそうです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

わかりました。

大谷吉継いいですね。


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ