人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

天国と地獄のスプーンという話がありますが、これのもともとの出典は何なのでしょうか?

原文(外国語であればその日本語訳)へのリンクがあればたすかります。

●質問者: kudoutakahiro
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:スプーン リンク 外国語 天国と地獄 日本語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●10ポイント

リンクは見つかりませんでしたが、書籍を紹介します。

『世界を見る目が変わる50の事実』 ジェシカ・ウィリアムズ著

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%...


http://blog.ishonan.com/corazon?blog_post_id=1969&lang=e

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

残念ながらこの本がもともとの出典だという確証は得られませんでした。


2 ● sinsuke3
●10ポイント

http://www.pst.ne.jp/~noriko/doutoku.htm

トルストイ「天国と地獄」

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

以前にトルストイ全集を調べたことがあるのですが、それらしい内容の作品は収録されておりませんでした。


3 ● arainswk
●10ポイント

トルストイではないらしい

http://rinosuke-odoru.cocolog-nifty.com/blog/cat5841751/index.ht...

こちら

http://www3.omn.ne.jp/~imanari/howatengoku.htm

http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0190527888

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

こちらを原典とするのにも客観的な根拠が少ないように思います。


4 ● kanan5100
●50ポイント

これはかなりの難問です。

多くのサイトで「トルストイの話」として紹介されていますが、原典を見つけた人はいないので、少なくともトルストイでないことは確かです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa452565.html

4年前に別の人力検索サイトでも同じ質問が出ていますが、「山田無文老師の法話集ではないか」という推測はあるものの、はっきりとした結論は出ていません。

ただ、"long spoon" "heaven"などで検索してみると、海外のサイトでも同じ話がヒットするので、日本発祥とは考えにくいところがあります。

http://www.diamond.co.jp/books/chickensoup/osusume.html

アン・ランダース『こころのチキンスープ2』にも同じ話が紹介されていますが、出版年度の新しさからして、これが原典とは思えません。

http://www.csec.org/csec/sermon/larsen_3609.htm

検索で出てくる中でもっとも古い例としては、アーニー・ラーセンという説教師が1992年に放送した講演の中でこのエピソードが出てきています(このサイトの記述が正しければ、ですが)。

http://www.garygreen.org/Depression.htm

また、エメット・ミラーという医師/カウンセラーの本にもこのエピソードが出てくるようです。

天国や地獄の描写の生ぬるさからの推測ですが、これは正統的なキリスト教や仏教の逸話ではなく、1960?70年代以降のニューエイジ思想の影響の中から出てきたストーリーであるように思われます。

もうちょっと手がかりがないか調べてみます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

大変参考になります。

教育現場ではトルストイ説がまかり通っているようですが、マニュアルに書いてあることを疑おうとしない先生方にはもうちょっとがんばってもらいたいところです。

確かに海外でも同じ内容の話しが語られているようですね。

キリスト教の布教雑誌にも記述があるようです。

http://blogs.yahoo.co.jp/fim_inoue/32762800.html

>天国や地獄の描写の生ぬるさからの推測ですが、

>これは正統的なキリスト教や仏教の逸話ではなく、

>1960?70年代以降のニューエイジ思想の影響の中

>から出てきたストーリーであるように思われます。

なるほど。

おっしゃるとおり、特に地獄の描写はぬるいですね。

私も、あまりに俗物的でどうも胡散臭いというか、いかにも「いいお話」なことに違和感を感じ調べはじめた次第です。

またなにかおわかりになりましたらよろしくお願い致します。


5 ● kanan5100
●50ポイント ベストアンサー

さらにいろいろ調べました。

まず、ダンテ説というのがありますが、これは出典が示されていないので無視していいでしょう。だいたい、ダンテの地獄がこんなにほのぼのしているとは思えません。

http://72.14.235.104/search?q=cache:8JvQsbjcjkQJ:danecervine.typ...

I remember Dante's story,

the simple difference between heaven & hell.

In two rooms, the same large soup bowls,

the same impossibly long-necked spoons--

but in hell, the endless failure of feeding alone;

and in heaven, the ease of dipping each long spoon,

lifting it to your neighbor's lips, the joy

of being fed in return.

続いて、鎌田茂雄『華厳の思想』(講談社学術文庫, 1988)にもこの話が書かれているそうです。

http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~aruka/Experiments/avatamsakajp.ht...

ただし、仏典『華厳経』にこのような記述があるのかは不明です。鎌田茂雄がどこかで聞いた話を紹介しているだけかもしれません。

1985年に書かれた"Psychotherapy and the Religiously Committed Patient"という本の中には、Yalom(1975)からの引用としてこの話が紹介されています。

http://books.google.co.jp/books?id=QNeWcTvYJpkC&pg=PA61&...

引用文の著者であるYalomとはアーヴィン・ヤーロムのことで、集団精神療法の第一人者として知られる精神科医です。確かに「天国も地獄も考え方次第」「孤立より協力」というメッセージのこめられたこのエピソードは、集団精神療法にはぴったりかもしれません。

ヤーロムの文章は"In this Hassidic story..."(ユダヤ教敬虔主義の物語)と始まっており、ユダヤ教のラビと神との対話として書かれています。ヤーロムはユダヤ人ですから、ユダヤ教についてそういい加減なことを書くとは思えません。

というわけで、おそらくこの物語のルーツはユダヤ教の説話にあるのではないかと思われますが、この先は調べがつきませんでした。

◎質問者からの返答

とても納得のゆく回答ありがとうございます。

ダンテやトルストイの作だなどと根拠のない権威付けをされるあたりに、この話しの語られ方が見え隠れしていて、すこし愉快に感じてしまいました。

>確かに「天国も地獄も考え方次第」「孤立より協力」というメッセージのこめられたこのエピソードは、集団精神療法にはぴったりかもしれません。

語弊がある表現かもしれませんが、この話しを聞いて感じた「セミナー臭さ」の理由が見えてきた気がします。

ユダヤ教の説話だとすると、なんとなく(調べていただいたのになんとなくとは恐縮ですが)合点がゆきます。

今後ヤーロムの著作を調べてみます。

大変参考になりました。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ