人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

生命保険は一般的に夫などが自身が死亡した場合に残された妻や子供のために加入するものだと認識しています。しかしこのたび親から、親が保険者かつ受取人で、その子である私が被保険者となる配当付利率変動型積立終身保険の契約書へのサインを求められています。
子供の側から自主的に自分を被保険者として親を受取人に指定するというケースは分かりますが、今回のケースのように親が一方的に子供に対して保険を掛けるということには、親の身勝手さを感じてしまいます。それにこの場合受取人が先に死んでしまうと損になりそうな点も気になります。
そこで契約書へのサインを断ろうかと考えているのですが、皆さんはどう思われますか?また、ほかに良い対処法などありましたらご教授いただけませんでしょうか?
ちなみにこの生命保険は私が幼い頃から掛けられていたものの更新ということであり、また私は現在健康面の問題はまったくありません。


●質問者: sophitel
●カテゴリ:経済・金融・保険 人生相談
✍キーワード:サイン 保険 健康 勝手 契約
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●50ポイント

お金が親が出すのなら、親孝行だと思ってサインしてあげても良いような。

息子が死んだら、老後誰かあてに出来る人がいるのなら別ですけど。

お金があなた自身が出すことになるのなら、微妙ですね。

>それにこの場合受取人が先に死んでしまうと損になりそうな点も気になります。

積立金の部分は、受け取れそうですけど。

#ちゃんと調べてくださいね。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

>お金が親が出すのなら、親孝行だと思ってサインしてあげても良いような。

その考えはありますが、その前にちょっと引っかかったもので。


2 ● juic
●50ポイント

生命保険の契約者(掛金を払う人)は親御さんなのでしょうか?

もしそうであって、以前から掛けられているものの更新なのであれば、私としてはそれほど不自然でない気がします。

確かに自分が保険を掛けられるのは違和感があるとは思いますが、たいていの場合、生命保険には、高度障害になったときもほぼ同額の保険金が出るような特約がついています。そのような場合、介護などにお金がかかりますので、保険はあった方が良いと思います。ご確認してみたらいかがでしょう。

ちなみに、保険の受取人は変更できますので(保険金支払い事由が発生した後は除く)、もし親御さんが先に亡くなっても然るべき人に変更手続きをすれば損をすることはないと思います。

ただし、もしあなたが既婚者であるならば、配偶者が受取人である方が良いと思います。親御さんの保険とは別にでも、配偶者が受取人の保険を掛けるのが良いと思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

>生命保険の契約者(掛金を払う人)は親御さんなのでしょうか?

そのとおりです。私が払うべきですね(汗


3 ● y-kawaz
●50ポイント ベストアンサー

生命保険は死亡時以外に医療特約によって入院時の給付金や高額医療を受けた際の治療費にも適応されたりします。

あなたが病気や怪我を負った際にその治療費を払うのは恐らくご両親でしょうから受取人が親というのは普通のことだと思います。

また、掛け捨てでない保険は貯蓄の意味合いもありますので、もし被保険者が健康のままなら急にお金が必要になった最悪の際には中途解約や特約などにより急なお金の確保にも役立ちます。

実の子供が死亡した際に保険金でウハウハ生活、などということを考えて加入するような親はいないと思います。そんなケースは万が一のときであり、たいていの場合保険金はあなたの為に使われることになるでしょう。


質問者さんは現在は健康かも知れませんが病気や怪我というのは誰もがいつその身に降りかかるか分からないもので、その万が一に備える為のもが保険です。

もし保険が無い状態で治療に数100万とか必要な重い病気や怪我をした際に、家計が大変なことになってしまうことに想像がつかないでしょうか?突然そんな出費が必要になっても生活が揺るがないほどの貯蓄があなたにありますか?長期入院が必要になればその間のあなたの収入も無くなります。それでも生活はなりたちますか?


また、生命保険というのはいざという時に頼りになるものですが、保険に入りたくても入れない人もいます。例えば既に重度の健康上の問題がある場合はむずかしいですし、仮に加入できても保険金は高額になったりします。

健康なうちに生命保険に入っておけば有利な条件の契約が出来るので、それを継続するのは賢いことだと思います。

もし生命保険は妻や子供に残す為のものであると考えているなら、それは将来あなたが結婚して妻や子供が出来たときに、受取人を配偶者や子供に変更してもらえば良いことでしょう。その頃には保険料の支払いも親からご自身に変更されても良いですし。

それに親が保険料を払うのならあなたに特に不利益はないのでは?親の愛情だと思いますよ。

保険の内容や目的にかんして思うところがあるのならば、話も聞かずに断ることはせず一度ちゃんと話をしてみることをお勧めします。

◎質問者からの返答

ご忠告ありがとうございます。

何の説明もなく、契約書の被保険者の欄の印鑑(姓が同じである親の印鑑と予想されます)がすでに押されていたり、やけに早く契約書を出してくれと保険会社にせかされたりでちょっと疑心暗鬼になってしまいました。

これからいろいろと聞いてみるつもりです。


4 ● YUI2007
●50ポイント

指定した受取人が先に死んだ場合は保険金は相続の対象になりますから、自動的に奥さんとお子様に半分づつ分配されるのでサインしても問題ないと思いますよ。

◎質問者からの返答

簡潔なアドバイスありがとうございます。


5 ● yamadakouzi
●50ポイント

私もそう言う事がありました。私が未成年の時かけられ、保険料が払えなくなったので、私に払えと言われ、始めて気がつきました。勿論すべて、私の名前で解約しました。(実印も持っていたし)

会社でもそういうのが一時はやったことがあります。被保険者=従業員、受取人及び掛け金支払い者=会社 というやつです。会社の言うには「あなた方に負担はないのだから協力してほしい」と・・・「その掛け金は私たちが稼いだお金と違いますか? その保険会社から仕事が受注できると言うなら協力もしようもの、何のメリットもない保険なんかに名前を使われては困る」と私は断りました。世の中そんなのがおおいですね。

保険は自分の意思で!!

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ