人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

いろいろな国の、環境問題やECOに関する伝統的なルールを教えてください。たとえば、「アイヌは野草を食べる数以上は穫らない」といったたぐいのものです。

●質問者: tnomizo
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ECO アイヌ ルール 伝統 環境問題
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sakrambom
●27ポイント

北ヨーロッパや西ヨーロッパの国では、食器を洗剤で洗ってから水ですすがない人が多いです。「水を無駄遣いしないため」という理由や、「洗剤をわざと残して病原菌の付着を防ぐ」という歴史的な理由(ヨーロッパでペストが流行した頃の習慣)が考えられるそうです。

ダミー:http://www.google.com

◎質問者からの返答

最終的にはすすぐんですよね?環境が絡んでくる「ルール」や「常識」を引き続きお願いします!


2 ● chinjuh
●27ポイント

「伝統的な」という条件は難しいと思います時代が古くなればなるほどエコや環境なんて考えませんから。アイヌの決まりにしても、あくまで自分たちが損しないようにしてるだけです。アイヌは大規模な農業をやらないので採集できなくなったら死んでしまう。それが自然保護につながればよい、ということでしたら……


●ヨーロッパでは鼻をかむのにティッシュを使わずハンカチを使う

http://www13.ocn.ne.jp/~uk_fan/jpage/fqa/fq_q098.htm

紙がなかったor紙が高価だった時代からの習慣なのでエコや環境保護のためではないと思いますけど。


●チベットでは燃料に木ではなく家畜の糞を使う

http://grandbee.iza.ne.jp/blog/folder/13001/

これもエコや環境保護を目的にしているというより、燃料にできるような木が少ないので薪を作れないからだと思います。


●インドや中東ではトイレに入ったら尻を紙でふかずに水で洗う

http://raani.org/faq/wc.htm

http://tsukuba.utari.net/03labo/toilet/toilet.cgi?country=TN

これも環境保護というより紙が貴重だった時代からそうしてるだけだと思いますけど。


●東南アジアでは便所を豚小屋の上に作るなどして人糞を豚に与えて処理する(沖縄でも戦前はそうしてたらしいです)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%8A%E8%B1%9A

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312400...

http://www.ryukyunosato.com/contents/lesson/200203.html

人糞は肥料にするなどの方法で捨てずに利用している国は沢山ありそうです。


●ソースはないんですが、岡村喬生さんが留学中だったか、何か別の理由で海外に滞在していた時に、お茶を飲もうとしてやかんにいっぱいのお湯をわかしていたら、下宿の大家さんに「あんた、そんなにお湯をわかして何をしているの」と叱られたという話をどこかに書いてました。本ではなく、雑誌かなにかの環境特集だったと思います。使う分だけを湧かせば早く湧くしガス代もやすくてすむ。ヨーロッパでは節約の精神が生活に生きている、というような話でした。日本でエコだの環境保護だの今ほど言わなかった時代の記事ですが、何に載ってたかはさっぱり覚えていません。


●アイヌの例はもうご存じかとは思いますが

◎質問者からの返答

今の私たちから見たら、「賢いルールだな」と思うことですね。

たくさんありがとうございます!

まだまだ募集します!!


3 ● minkpa
●26ポイント

中東の砂漠地帯ではトイレの後、砂でふく習慣があります。

砂漠の砂は無菌のため、何を使うより環境に良く安全なのだそうです。

http://q.hatena.ne.jp/1193582002

◎質問者からの返答

トイレの話が多いですね!ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ