人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【天気がキッカケとなっている歴史トリビア】を調べています。
例えば…『元寇⇒蒙古が襲来。しかし、たまたま訪れた台風により元側は撤退』『天候が勝敗を左右した戦国時代の合戦』の様な情報を、お願いします!!

●質問者: tooh22
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:たまたま トリビア 元寇 勝敗 台風
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sylphid666
●27ポイント

赤壁の戦い

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%A3%81%E3%81%AE%E6%88%A...

>問題は、当時の季節-10月には東南の風が吹かないと言う事だった。この方向に風が吹かないと、火計を用いた場合自分達の水軍にも被害が下る恐れがあったのである。諸葛亮は東南の風を吹かせると言い、祭壇を作り祈祷すると、どこからか東南の風が吹く(民間伝承には、諸葛亮はこの時期に東南の風が吹く日があるのを初めから知っていたと言う話やドジョウを使って東南の風を吹く日を知ったなどの話がある)。


2 ● paraizo
●27ポイント

屋島の戦い

暴風雨の中少数で出港する義経らしい奇襲攻撃です

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%8B%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A...


3 ● ぺこぽん
●26ポイント

・天候が影響を与えた合戦

桶狭間の戦い

13時頃、突如豪雨が降り、視界が悪くなった。通説では、この雨に乗じて迂回行動を行ったとされているが、現在ではそれに否定的な見解が主流である(これについては後で詳しく論じる)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%B6%E7%8B%AD%E9%96%93%E3%81%A...


長篠の戦い

天正3年5月21日(1575年6月29日)、鳶の巣山攻防戦の大勢が決したと思われる頃、設楽原において信長・家康連合軍 対 勝頼軍の決戦が開始された。和暦の5月といえば梅雨の時期であるが、この日だけはなぜか大いに晴れていたと言われる。このため、通説では織田軍の3,000丁の鉄砲隊(後述の異説あり)が大活躍したとされる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E7%AF%A0%E3%81%AE%E6%88%A...


高松城攻め

世に言う「高松城水攻め」である。人夫に過分な金子を与え突貫工事で11日後に堤防が完成。折しも梅雨時で堰堤内には水が溢れ城は見事に水没した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9D%BE%E5%9F%8E_(%E5%82%99%E4%B8%AD%E5%9B%BD)

◎質問者からの返答

一つの雨が降る降らないで、歴史ってスゴク変わっていたんですね…

情報、ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ