人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本に開国を迫った男【ペリー】について調べています。
●生い立ち?黒船来航まで、彼にまつわるあまり知られていないようなエピソード
●もしあの時、ペリーが○○していなかったら、日本への来航が延期(または中止)になってたかもしれない
などなど、“え?っ、そうなんだぁ?”って思わず言っちゃうような情報、お待ちしております!!!

●質問者: tooh11
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ペリー 黒船
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● sinsuke3
●20ポイント

http://my.shadow-city.jp/?eid=442986

当初の計画では12隻の大艦隊で押し掛ける予定だったんだが、大統領が替わって方針が変更されてしまったため、4隻になってしまった


2 ● sakrambom
●20ポイント

黒船来航以前に、鎖国時代の日本とアメリカは貿易していました。もちろん、当時の貿易相手はオランダと中国のみだったので、アメリカはオランダの国旗の下に貿易していたそうです。

ペリーはアメリカに帰国してから、日本海国の「ご褒美」として米国政府から2万ドル授与されています。

ダミー:http://www.hatena.ne.jp


3 ● MHP
●20ポイント

>幕府が条約締結を拒絶するか、米船舶への港の開放を拒否した場合、ペリー提督は沖縄をアメリカの管理下におこうと考えていました。

だそうです。

http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/150th/html/exepi8.htm


4 ● MonkyMagic
●20ポイント

「唐人お吉」

伊豆下田の唐人お吉は、ペリーの次にやってきたアメリカ総領事ハリスの愛妾だった ... 日米親善の為の人身御供になったお吉の哀話は下田観光の目. 玉である。 ところが、これはでたらめな作り話 ...

http://www2.plala.or.jp/kohsaka/page007.html


黒船艦隊と言っても、意外と小規模なものであったという史実

ペリーの黒船艦隊が、最初に江戸湾浦賀沖に現れたのは、1853年(嘉永6年)7月8日。

この時の旗艦はペリー率いる東インド艦隊最大の蒸気軍艦「サスケハナ」だった。

大艦隊の武力を背景とした外交交渉で日本の鎖国の扉をこじ開けたペリーの日本大遠征は、国の威信を賭けた巨艦ではなく、愛すべき小柄なフリゲート艦によって、まさに幕を開け、そして静かに幕を閉じたのである。

http://www.jsanet.or.jp/seminar/text/seminar_211.html


5 ● miyankam
●20ポイント

当時の日本人に赤鬼とか天狗と呼ばれていたのは、当時アルコール中毒で酒ヤケしてたから。

黒船のペリーは,東京湾を勝手に「ミシシッピー湾」と名付けて呼んでいた

黒船が日本にやって来た時、交渉役を任された浦賀奉行は、通訳を伴って、ペリーのもとへと向かった。 ところが、当時の日本と言えば、国交のあったのはオランダだけで、外国語を話す人材も蘭学者などに限られており、彼が話せた英語はたった1つ=「私はオランダ語が話せます」。

そういう日本の事情を既に承知していたペリーは、オランダ語の通訳を準備していたのでした

http://www.yahoo.co.jp/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ