人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アフィリエイトで稼ぐにはいろんな種類がありますが、
とりわけ携帯サイトの利点が知りたいです。

僕が携帯サイトを作るよう説得してください。
回答は「○○だから携帯サイト」が一番儲かるという形で、
必ず理由もお書き添えくださいますようお願いします。

ただし、理由としては「作るの簡単」と「クリック率がいい」以外でお願いします。
できたら客観的なデータなどを添えてもらえるとうれしいです。

以上、よろしくお願いします。

●質問者: taroemon
●カテゴリ:ビジネス・経営 ウェブ制作
✍キーワード:アフィリエイト クリック データ 携帯サイト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● koujirou
●22ポイント

携帯電話の場合は、長方形で表示されユーザは必然的に上から順にコンテンツを探すことになります。

PCの場合は様々なレイアウトがあり万人が受けるよなアフィリエイトのリンク位置を定めにくいのでどうしてもクリック率が下がってしまします。

しかし、携帯電話では上から順に必ず閲覧するのでユーザの「目」に入りやすいのです。

携帯電話の手軽さ(いつでもどこでも暇な時にアクセス)・パケット定額制の導入・携帯電話の高性能化などでPCサイトよりも手軽であるために「コンテンツ」が充実しておりリピータが多ければそれなりの利益を上げることができますが、携帯サイトのPCサイトと比べて様々な制約や制限があるので上位にいくのは難関です。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

大変参考になりました。


2 ● oz8
●22ポイント

単純に携帯をもっている人のほうが圧倒的に多い。ということ。

パソコンは一家に一台。携帯はひとりに一台。

みている人の数が違う。

それから、時間。

パソコンは家にいないと基本的にはみない。

しかし、携帯は待っている時間も、電車移動中もみられる。

人が多い。

時間が多い。

そこから、アクセスが圧倒的に多い。

人の流れが多ければ、当然、キャッシュも大きいと考えるのが自然。

そして、最後にやってる人が少ない。

上記が思いつく限りの理由になると思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

なるほどもっともなご意見です。


3 ● culdcept
●22ポイント

そうですね?それ以外の理由というと、やはりライバルの多さでしょうか?

PCのアフィリエイトは特に2007年になってから急激に増えていると聞いておりますが、

携帯アフィリエイトは良く言えば発展途上なので今から参入しても将来性がある、

悪く言えばPCでのアフィリエイトで有効なテクニックが通用しない未開拓な市場である

と言えます。

最近ではモバイルの検索エンジンも充実してきましたし、

モバイル版のグーグルアドセンス等もあると聞いています。

これからますます携帯でのインターネットが便利になっていくと予想されます。

しかし逆に言えば今まで携帯サイトであるがゆえの優位性も失われつつあります。

例えば先の方のおっしゃった

「携帯電話では上から順に必ず閲覧するのでユーザの「目」に入りやすい」

という意見はもちろん正しいのですが、最近の携帯電話のインターネット閲覧画面は

ほぼPCと同じ表示になり、ポインタを動かす事によって画面がスクロールするようになっています。

現時点ではそのような携帯の占有率は低いでしょうけど、

数年後にはどの携帯でもPCと同じように画面が見られるようになる可能性は高いです。

だからこそ参入するなら稼ぎやすい今のうち・・・とも言えるでしょう。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

なるほど。とても説得力があり、読んでて感心しました。

確かにそのとおりかもしれませんね。


4 ● MonkyMagic
●11ポイント

あまり開拓されていないので、初心者でも設けられる!

これが一番の利点だと思います。

初心者でも参入し易いという事は、すぐに儲かるという事でもあるのでは?

◎質問者からの返答

参考になりました。


5 ● nikuzure
●22ポイント

回答済みのものと重複する可能性がありますが、ご容赦ください。

・サイト閲覧が制御しやすい(上から順に見る)

・ユーザの年齢層が特定しやすい(若いユーザが圧倒的に多い)

・閲覧状況が特定しやすい(目的があるユーザより、時間つぶしに見るユーザが多い)

つまり、若年齢層・情報収集を目的としたユーザの割合が多いため、積極的なアクセスが増える=広告の効果が上がります。

ですが、それと同時に、物販の場合勾配率は下がり、コンテンツの場合は退会率が高くなっています。

(「すぐに飽きる」「金銭的に余裕が無い」など)

そのため、物によりますが、広告内容の回転率を上げることもで、さらに効果が上がる場合があるようです。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

大変参考になりました。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ