人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

痴漢の冤罪について。

痴漢の冤罪の背景には「示談金目的の女性が多い」というのをしばしば耳にしますが、いろいろ調べてみるとどうもそれは現実的には考えにくいと思うのです。
「示談金目的の女性」というのは痴漢する男性の言い訳から生まれたいわゆる都市伝説ではないでしょうか?

疑問は以下のような感じです。

『被害者側も裁判に出廷する手間が大きい。』
『有罪になり、その後民事訴訟で損害賠償請求をしたとしても裁判費用がかかり、得られる額はごくわずか。このとき示談金を取れるとは限らない。』
『もし無罪になれば、今度は民事訴訟を逆に起こされて賠償請求される可能性がある。』

以上のような点について、理論的に説明してくださると嬉しいです。
自己判断になりますが、納得させてくれた方に高ポイント配分する予定です。

●質問者: ex-0808
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:ポイント 冤罪 女性 損害賠償 民事訴訟
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● Velocity
●5ポイント

被害者役が手をつかみ電車を降りる。

友達役がどうしたの?と集まる。

男に小さな声で「10万で見逃してやるよ」と持ちかける。

びびった男が金を払う。→成功。


男が「警察へ行こうじゃないか」と攻勢にでる。→女の負け。



裁判になってる時点で失敗です。駅のホームでまきあげるためにやってるわけで、

◎質問者からの返答

そういうケースはあまり聞いたことがないですね。

そんなハイリスクでやってたら負けまくって毎日裁判所に行かなきゃいけなくなるような。


2 ● junglejungle
●0ポイント

どうぞ。

http://www.zakzak.co.jp/tsui-sat/tsuiseki/contents/2002_04-09/02...

でっちあげが疑われるようになったきっかけの事件ですね。

◎質問者からの返答

私もその記事は見ました。

でも夕刊フジの記事を鵜呑みにしちゃだめですよ。

それは男性側からの視点でしか書かれてない記事です。


裁判では男性側にも不審な点が多くて、

「パソコンを見に行くだけで他に予定も無いのにわざわざ普段より早い朝6時に起きて満員電車に乗ったこと」

「最初は席に座っていたのに一度ホームに降りて、すぐ乗り直して入口付近に乗ったこと」

というのが決定打になっています。


女性側を見ても、JR中央線の痴漢の多さを考えたらその数は不自然とは言えないですし、

供述として不自然なのは「痴漢被害は初めて」と嘘をついた点だけです。

それも、性的な事件ということで女性の心情から考えたらそこまでおかしいとは思えません。


まあどっちもどっちって感じではありますが。


3 ● kappagold
●70ポイント

?このような噂が立つ背景には、「痴漢の解決には示談が多い。」ということがあります。

(痴漢は、冤罪であっても無くても、相手が取り下げてくれなければ99%有罪になって、拘留され、社会生活に大きな支障を来たします。しかし、実際に罪があっても、示談で片がついたら、お金を払うだけで済んでしまいます。)

?実際に、「示談金目的の女性」ということで、ニュースになったものを見たことがあります。

この2点から、痴漢の冤罪の背景には「示談金目的の女性が多い」という噂が出始めたと思います。


これが都市伝説かどうかということに関しては、痴漢冤罪を2種類に分ける必要があります。

(A)裁判までもつれ込む冤罪

(B)裁判までもつれ込まない冤罪


ex-0808さんは、(A)の場合をお考えなのではないかと思います。

この場合、確かに被害者の女性の負担は非常に大きくなりますので、被害者側にも覚悟や訴える強い意志があると思われますので、冤罪にしても人違いや何らかの怨恨などがあると想像されます。示談金のためだけに、裁判を起こすというのは負担が大きすぎます。

この状態の冤罪を、示談金目的とするのは、確かに都市伝説状態だと思います。


(B)の場合ですが、これは、都市伝説ではなく実際にあると考えられます。

一時マスコミが騒いだ時期に、自分もやってみようと面白半分でやっているというようなことも目立ったようですし、嫌なオヤジを懲らしめようなどと言う感じで、でっち上げる、示談金目的の女性はいるようです。

特徴として、示談金目的なので、複数回の痴漢丁稚上げをしなければ、アガリが少なくなるので、裁判までもつれ込んで行かないうちに、小額の示談で済ませて冤罪事件まで持ち込まない。

この際の示談は、ex-0808さんの考えている裁判での示談ではなく、駅員に突き出す前の示談や、裁判に持ち込む前の示談ということになります。

複数回の丁稚上げを行なうのに、裁判などに出ては目立ちすぎますので。


(B)のような犯罪を防ぐために、実際に、色々と研究もされています。

立教大学の教授の「痴漢冤罪事件と事実認定の課題」を一例としてあげます。

http://www.rikkyo.ac.jp/~araki/chikanenzai/shiryou/chikanjijitsu...

この短文の参考文献にも色々と研究資料があります。

荒木伸怡「痴漢冤罪防止と捜査上の諸問題」捜査研究六一九号五四頁

というのもあります。捜査研究はその手のきちんとした雑誌です。

http://www.tokyo-horei.co.jp/magazine/sousakenkyu/200710/

◎質問者からの返答

詳しくありがとうございます!


>?このような噂が立つ背景には、「痴漢の解決には示談が多い。」ということがあります。

これは納得です。


>?実際に、「示談金目的の女性」ということで、ニュースになったものを見たことがあります。

これは相手の男性が無罪になり、「相手のことを示談金目的だと主張しているだけ」ではないですか?

2の方のURLの記事もそうですが、明らかに示談金目的だと思えるような事件は見たことがありません。


>ex-0808さんは、(A)の場合をお考えなのではないかと思います。

いえ、実は私も最近知ったのですが、迷惑防止条例違反の場合は起訴するかどうかを被害者が選ぶことは出来ないそうです。

痴漢は強制わいせつ罪として立件することもあるので痴漢=親告罪なのかと思っていましたが、大半は迷惑防止条例違反なので、警察がその場で証拠不十分と判断しない限りは刑事事件として確定してしまうそうです。

ですから示談金目的の場合は、訴訟中に示談をして上申書を送り刑を軽くするか、有罪確定後に民事で損害賠償を得るしか無いようなのです。

>特徴として、示談金目的なので、複数回の痴漢丁稚上げをしなければ、アガリが少なくなるので、裁判までもつれ込んで行かないうちに、小額の示談で済ませて冤罪事件まで持ち込まない。

つまり、これは出来ないことになります。

そのことから、痴漢そのものを「示談金目的」に使うことは割に合わないのではないかと疑問を抱きました。


4 ● YUI2007
●30ポイント

僕は民事専門なんで刑事関係が絡む案件は引き受けたことがないんでこれは類似職で痴漢関係の案件を何件か扱ったことがある人に聞いた話なんですが、確かに回答者1番の方が言っているような事例はあるみたいです。

ただしそれは何年も前の話ですね、ちょうど痴漢が横行しはじめた当時の話みたいです。

当時は会社に知られたくない、家族に連絡されたくないというサラリーマンたちの弱味につけ込んでお小遣い稼ぎをする女もいたみたいです。

ただ悪いことは長く続かないものですから・・・痴漢詐欺が横行しだしたら今度はそれに立ち向かって裁判まで持ち込むケースも増えてきて最近ではもうそんなことする女はいないらしいです。

つまり結論からすれば「示談金目的の女性」は昔はいたみたいです、そして今の「示談金目的の女性」はそれを利用した男の言い訳・・・つまり都市伝説の一種みたいですねww

実際裁判までいっても引かない女は「示談金目的の女性」ではなく単なる勘違いのケースがほとんどみたいですよ。

というのが現場からの話でした。。。

◎質問者からの返答

たしかに1番の方が言うような件も無いことは無いと思います。

ただそれはそもそも警察沙汰にならないのでニュースにもならないような話ですからね。

ということは警察を呼んだ時点で示談金目的ではないということですよね。

私も、痴漢の冤罪であるのは女性の勘違いによるものがほとんどだと思っています。


5 ● かわせみかげ
●5ポイント

タレントの一部だと、ストレス解消目的にやっているようです。

http://blog.livedoor.jp/kingcurtis/archives/50232354.html

ただ当初上記のタレントは、ブログで「ホームから突き落とした。」と一文あったのを書き直したとか言う噂があり、冤罪避難の炎上を野放しにして書き直しした最初の文章をもみ消した状態にしてるとか言われるので参考にならないかも。

どちらにせよこんな文章ウェブに書いた人間を取り締まらない警察機関に問題があるのでしょうが。


質問にあった例ですが、冤罪事件が大きくクローズアップされた事件が女子高生の事件で、それが話題の原因となって以下のような話が出たと思われます。

『被害者側も裁判に出廷する手間が大きい。』

『有罪になり、その後民事訴訟で損害賠償請求をしたとしても裁判費用がかかり、得られる額はごくわずか。このとき示談金を取れるとは限らない。』

→アルバイトで一般的な高校生が手にできる収入が、時間あたり時給850円が限度に対して、それに比べれば手間がかかるが効率がよい。


『もし無罪になれば、今度は民事訴訟を逆に起こされて賠償請求される可能性がある。』

→未成年である事を武器に言い逃れ。

と、以上の例が成立すると言えます。

丁度未成年の犯罪野放しが話題となった時期に時間軸を合わせると一致します。

◎質問者からの返答

まず、その微妙な記事をどこまで信用するかが難しいところですが・・・ナイスポなんて初めて聞きました(笑)

まあストレス解消とかならまだわかるんですよ。

携帯利用を注意されて腹が立って痴漢扱いしたとか、それはまだある話だと思います。

示談金目的の場合は金銭を得ることが目的のはずなので、利益が出ないことはする意味がないから疑問なのです。


>→アルバイトで一般的な高校生が手にできる収入が、時間あたり時給850円が限度に対して、それに比べれば手間がかかるが効率がよい。

>→未成年である事を武器に言い逃れ。

実際はそうではなくても、「そういう勘違いをした学生」がする可能性はあるかもしれませんね。

でもそれは1回やってすぐ懲りるだろうし、その話が周りに伝わればしなくなるだろうからそれほど多いとは思えませんが。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ