人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

信託法が改正されますよね。今まで、信託業務は事実上信託銀行しかできなかったわけですが、今後はそうではなくなるわけで、これは信託銀行にとっては(今まで独占状態だった)信託の箱としての業務が減るという危機なんでしょうか?

●質問者: draftand
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:事実上 信託業 信託法 信託銀行
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ku23ta
●27ポイント

信託がより普及するメリットがあるとコメントがありますが。

どうなるでしょうか


http://72.14.235.104/search?q=cache:TIrdCATD8dUJ:www.shintaku-ky...


2 ● pinkandblue
●27ポイント

信託銀行の業務は減りますが、

そもそも、投資信託にしても何百という数え切れないくらいの種類があり

今更他の銀行などが算入してもそれほどダメージを受けないのではないでしょうか。

信託銀行自体1,2社しかないならダメージを受けるかもしれませんが・・・。

より、身近なものになり

利用者が増えれば窓口も広がりよくなると思います。

個人向け国債が年をおうごとに注目され

人々の間にどんどん普及しているように

今よりもっと個人の投資が進むのではないでしょうか。

http://q.hatena.ne.jp/


3 ● gkkj
●26ポイント

当面は、「業務が減るという危機」ではないでしょう。信託は、これまでの信託業務の評判や実績がないと、お客が集まらないからです。

http://q.hatena.ne.jp/1194152743



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ