人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

新しい治療法で,難病である,肺高血圧症が動物実験では成功し,
カナダでは臨床試験が行われているようです。
今現在,どのような結果になっているのか分かりますか?

英語の得意な方,調べていただけないでしょうか?
何卒,宜しくお願い致します。


以下,[ポスト・ヒューマン誕生]著:レイ・カーツワイル:ISBN:4140811676:P.264より引用
原書:ISBN:0670033847
「わたしが取締役を務める企業のひとつであるユナイテッド・セラピューティクス社は,バイアル(水薬瓶)二,三本分の患者の血液から取り出した自己幹細胞の新しく発見されたメカニズムを利用してDNAを細胞に送り込む臨床実験を始めている。その実験ではまず新しい肺血管の形成を促すDNAを幹細胞の遺伝子に導入し,次にその幹細胞を患者に注入する。遺伝子操作された幹細胞は,肺胞のそばにある細かい肺血管に届くと,新しい血管を作るための成長因子を出し始める。動物実験では,この方法によって肺高血圧症を無事に治療できた。肺高血圧症は生命を脅かす病で,現時点では他に治療法はない。このように,研究が成功を収め,安全性も確認されたため,カナダ政府は二〇〇五年初めに,臨床試験の開始を始めた。」

●質問者: tifii
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:ISBN: ひとつ カナダ セラ ヒューマン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sakrambom
●30ポイント

カナダ政府関連のウェブサイトがありました。2007年3月に更新されたものです。

http://clinicaltrials.gov/ct/show/NCT00469027;jsessionid=90FF944...


Pulmonary Hypertension: Assessment of Cell Therapy (PHACeT)

日本語訳:高血圧症、「細胞療法」アセスメント



This study is currently recruiting participants.

日本語訳:この医学研究において、現在参加者(協力者)を募っています。


2007年3月の時点で、臨床的な治療が行われているようです。同サイトのなかでは、治療に協力できる患者の方を募集しています。条件として年齢制限(18歳から80歳)、妊婦でないこと、などが挙げられています。


医療に関わる重要なことですので、こちらの翻訳や情報などは、あくまで参考としてご使用ください。

◎質問者からの返答

回答いただきありがとうございます。

とても貴重な情報をありがとうございます!

引き続き、情報を募集いたします。

宜しくお願い致します。


2 ● kappagold
●30ポイント

現在、臨床試験の第二相のa(Phase IIa clinical trial)の段階だそうです。

第一相が終わっているので、安全性は既に確認されているということになります。

通常ですと、この後第二相のbを行い、第三相を経て、販売されることになります。

このURLの下の図をたまに見れば、進行状況を知ることが出来ます。

http://www.northernther.com/pages/3/index.htm

また、新たな知見があれば、このサイトが更新されるはずです。

http://www.northernther.com/pages/2/index.htm

◎質問者からの返答

回答いただきありがとうございます。

上記URL(カナダ)では、Phase?ですが、こちらは、更新日時が2005年の時点にも関わらず、?aですね。

国によってい対応が違うのでしょうか?

もし、分かりましたら、教えてください。

宜しくお願い致します。


皆様へ

引き続き、情報(肺高血圧症の(遅らせる訳ではなく、)完治する治療法)を募集いたします。

宜しくお願い致します。


3 ● kappagold
●45ポイント ベストアンサー

完治は、遺伝子治療だけのようです。

日本で、研究や開発を行なっているところをいくつか調べてみました。

http://kyodokiko.jp/seeds/imaizumi.html

http://procylin.jp/kekkanigaku/kekkanigaku_7_2_71_2006.pdf

http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei18/pdf/pdf04/04_...

http://www.med.kitasato-u.ac.jp/news/253/253_7.html

http://www.saishin-igaku.co.jp/backnum/2006/y6109E.htm

http://www.tmd.ac.jp/med/ped/work/clinical.html

◎質問者からの返答

回答いただきありがとうございます!!

ざっとですが目を通させていただきました。

今現在、最も可能性の高い治療法は、

やはり、質問で取り上げた、治療法でしょうかね?

どのように思われますか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ