人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【手形割引とは】手形割引とはどういうものか、また手形割引のメリットとデメリットとを教えてください。もしあれば手形割引を利用する際のテクニックや、手形割引の裏話などもお願いします。





※実はブログ(http://blog.livedoor.jp/minatoyasyoji/)を立ち上げているのですが、このブログとは別に手形割引そのものを紹介する簡単なサイトを立ち上げる予定です。関連した過去の質問を見たり自分で検索したりはしているのですが、キャッチや説明文をへたに自分でどうこうするより皆さんに作っていただいた方がよほど訴えるのではないかと考えました。そんな訳なので真面目に考えてくださった方にはきちんとそれなりのポイントをお支払いします。すぐに使えるキャッチや説明文ほど高ポイントとさせていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

1194283212
●拡大する

●質問者: pasosavi
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:いただきます キャッチ サイト デメリット ポイント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● yumi1219
●100ポイント ベストアンサー

手形割引とは、手形に記載されている決済期日前に現金化することです。通常、取引先の銀行との間に割り引き枠(不動産等の担保をいれて、根抵当権を付けられます。)を決めています。その範囲内であれば、何回でもOKと言うわけです。割引手数料は期日までの利息で、会社の規模等で率は決まっていません。通常の借り入れより高いです。メリットは、期日前に現金を得られることです。デメリットは、発行先が倒産した場合、即金で支払わなければなりません。(割引の時に、裏書きするからです。)即金で払えない場合は、連鎖倒産になります。金融機関では無い所(町金等)で割引くと追い込みをかけられ、夜逃げ?になるかも。正常な会社は期日まで待つか、裏書きして支払いに充てます。手形を割り引かなければ資金が廻らない会社は、経営上リスクの高い会社と言うことです。http://q.hatena.ne.jp/1194283212 ダミーです。

◎質問者からの返答

ご回答に深謝です。特に後半の部分は興味深く読ませていただきました。


2 ● Velocity
●50ポイント

http://www.smbc-consulting.co.jp/company/solution/compliance/com...

【Q】手形割引時に注意すべきことは?


http://www.nihonbussan.com/keisan.html

手形割引のレートと実例

◎質問者からの返答

ご回答に深謝です。どちらの資料も公益性が高い、まとめサイトには外せないものですね。


3 ● Second-house
●20ポイント

http://www.tegata.info/

手形割引とは?手形割引入門? ? 手形割引に関する情報サイト ?

◎質問者からの返答

ご回答に深謝です。ですが、残念ながらこちらのサイトは「基本」として既に注目しておりました。今回は宜しいのですが、次回お答えの皆様はこの「基本」を踏まえた情報、キャッチ、説明文その他を宜しくお願いいたします。「基本」を踏まえたというのは、基本からずれずに、ではなく、基本はもうこのサイトで十分なのでさらなる付加的な情報を、ということです。


#もし絵心がおありの方でキャラクターにキャッチや説明文を語らせる、という方がおられた場合、当然ですが相応のポイントを余分に差し上げる予定です。


4 ● minkpa
●30ポイント

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%bc%ea%b7%c1%b3%e4%b0%fa&dt...

手形割引


http://www.e-daiki.co.jp/Q&A/index.html

こちらは手形割引専門の会社で、Q&Aなど非常に役に立つと思います。

◎質問者からの返答

ご回答に深謝です。Q&Aは使えそうです。ありがとうございました。


ここであとの方のために、幾らかの付加的情報をお知らせします。


今回ご指摘いただいた企業様のサイトはGoogle検索で現在35位前後ですが、上位10社、すなわち三鷹産業様、イチビル様、国際ファンド株式会社様、日本物産株式会社様、日証様、エムランド様、株式会社フィナンシャル・インスティチュート様、エムズスタッフ様、株式会社インター様、そして日栄倉庫様のサイトの作り込みにどちらかというと注目しています。


これらの上位サイトを研究してキャッチや説明文を抽出してくださった方には、相応のポイントをお支払いする予定です。


今回のサイトは手形割引というものを全く知らない方にとってもそれなり分かりやすく、その仕組みを知っている人でもそこに来れば情報の一覧が得られる、つまり次回にこの手の質問が生じた時に真っ先にご指摘いただけるようなサイトを目指しています。どうぞ宜しくお願いいたします。


#誠に勝手なお話で恐縮ですが、今回の皆様のご回答の評価は小生ではなく依頼主の方がされることになろうかと思います。「濃い」「手のかかった」「実質のある」情報により多くのポイントをお支払いさせていただきます。たとえば1.のご回答者の方はそのまま使える「濃い」「手のかかった」「実質のある」説明文を練ってくださったので、恐らく少なくとも100ポイントはお支払いさせていただく予定です。


5 ● Baku7770
●30ポイント

まず、私のように大手で勤務していて社会人1年生は金融業担当のSEで、ある程度の知識を持っている人間からすると、Google検索で上位にあっても商工ローンの文字があればまずクリックしません。逆をいえば、資金繰りに窮している商工業者がそういったタイトルでクリックするものと考えます。

実は昨日も早朝にこの質問に回答しようとしていますが、色々な事情があって回答していませんでしたが。挙げられたサイトでも三鷹産業、イチビル、国際ファンドはクリックしていないのです。つまり、結果一覧で商工ローンのサイトであるとわかっただけで、純粋に手形割引の仕組みを知りたいという人はクリックしないということです。

ご依頼主がどのような会社なのかわかりませんし、何を望んでいるかも知りませんが、まずGoogle検索でどのようなタイトルを出すかということだと考えます。

昨日の時点で商工ローン業者のサイトでクリックしたのはそういった観点で

http://www.nihonbussan.com/nyuumon1.html

になりますが、よく読まれればお判りになると思いますが、ある程度商工ローンや手形割引の実務を知っていれば嘘だろうと言いたくなる内容が並んでいます。しかし、商工業者にすれば問い合わせしたくなる内容です。

こういった内容は上位でもいかがわしいと思えば連絡しないでしょうし、クリックしてもらおうと思うなら商工ローンであることを隠した方が有利でしょう。難しいものです。

◎質問者からの返答

ご回答に深謝です。キャッチや宣伝は企業にとって諸刃の剣であるという実例(反面教師)のご指摘は興味深いですね。


#もし再回答いただいて「ここが嘘で本当はこう」みたいな解説もしていただければさらに評価させていただきます。


前のご回答へのご返信にも含めましたが、今回立ち上げ予定のサイトはそういう意味でもWikipediaのような、純粋に情報の収集のために皆様にご利用いただくためのサイトになる予定です。依頼主の方にはただそのスポンサーとなるだけ、ということでご勘弁いただくことになっています。


ただ、大変申し訳のない物言いになってしまって恐縮ですが、当然のことながら「いかがわしい」ものは何も望んでおりませんし、商工ローンである事を隠すつもりもご依頼主には全くありませんし、社会人1年生の貴殿を含め融資というものが全く不要(というか無縁)な方にクリックしていただけるようなサイトを望んでいるわけでもありません。


そうではなく、その必要を切実に感じている中小企業様にとって「ああここはまともな金融業者だ」というイメージと実際の成約実績とがマッチするよう依頼されており、それには恐らくWikipediaを超える公益性や分かりやすさを伴ったまとめサイトのスポンサー、というのがひとつの解となるのではと考えました。


#次回以降お答えの方で、こんな手形割引は危ないとか、手形割引の絡んだこんな実際の事件がある、という点を指摘されたい方がおられるなら、それも大歓迎です。どうぞ宜しくお願いいたします。


#本サイト制作に関する簡単なレビューが出されました。

http://www.222.co.jp/Blog/blog.aspx?ID=3714&bID=12728

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ