人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本では、1995年から死亡原因にICD?10による原死因をきさいするようになって心疾患が減少しました。このことを記載してある英文献を教えてください。

●質問者: kojiro_i619
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:1995年 CD
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●35ポイント

http://sciencelinks.jp/j-east/article/200506/000020050605A014197...


これは、どうでしょうか?


Vital statistics for coronary heart disease (CHD) were dramatically influenced by the tenth revision of the International Classification of Diseases (ICD-10) in 1995.

とかかれているので、はっきりと減少したとは書いていませんが、全文を読めば、心疾患が減少して、虚血性心疾患・脳血管疾患が増えていることがかいてあるような気がします。推測で済みません。


元々が日本の統計に基づいているので、英文献でこれだというものをうまく見つけることが出来ませんでした。(英語のタイトルとアブストを読んで英文献かと思って良く見ると、Language;Japaneseになっているんですね、これが。)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。Englishはないでしょうね。


2 ● kappagold
●35ポイント

文章が悪くて済みません。

回答したものは、englishです。


heart diseaseが、「劇的に変化した」と記載されているので、全文を取り寄せて見ないと、heart diseaseが「減少した」と書いてあるかどうかの確認が取れないという意味です。

(通常は、何が減って、何が増えたという事を書きますので、多分載っているとは思うのですが・・・。)

http://q.hatena.ne.jp/answer



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ