人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

こんなの考えましたシリーズなのですが、、、。みなさんの意見をおききしたいので、今回もよろしくお願いします。

自分はカードが好きなのですが、自分で作りたいなーと思うようになりました。が、絵心がありません。ので、誰かに作ってもらい綺麗な燃え(萌えではない)イラストで熱血したいなーと思って以下のアイデアを考えました。

1.誰でもログインすればテーマにそったカードイラストを投稿して発行できる。

2.発行する際に発行量を決めることができる。全体のユーザー1000人に対して100枚発行みたいな感じ。(少ない枚数だとレアになる。)

3.カードを集める為には一日一回ログインするごとにコインが与えられ、そのコインを使ってカードを一枚買うことができる。

4.カードを購入した際に、カード投稿者にメッセージを送ることができる。

5.カードは誰かに送れる。

ざっくばらんに書き込みましたが、こんなのを考えました。問題点はいくつかあるのですが、毎日誰かのつくった新しいカードを見ることができるなんてウヒョーと思って考えてみました。

みなさん、こんなのどうでしょうか?

●質問者: zachouR
●カテゴリ:インターネット 趣味・スポーツ
✍キーワード:どうでしょう アイデア イラスト カード シリーズ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

[1]すてきです! asukab

毎日、カードを作ってしまいそう。

楽しみにしています!

いろいろな人の作品が鑑賞できるサイトとしては、Make-a-Flake(雪の結晶作り)サイトがありますね。

http://snowflakes.lookandfeel.com/

また雪のシーズンなので、作ってみたくなりました。


[2]良いと思います!! dorysui

絵が得意で公表するチャンスに恵まれない人が喜ぶと思うし、カードを購入する人はもちろん楽しいと思うし。

とても良いアイデアです。


[3]>1 ありがとうございます。 zachouR

前回の件のこともあり、すでに誰かが作ってる可能性があるな、、、と思ってここで質問をさせていただきました。

このサイトはデザインが綺麗ですね、海外のサイトでしょうか?

自分にはセンスがないので、非常にうらやましいです。


[4]>2 ありがとうごございます zachouR

類似サイトは他にないでしょうか?

前回の件があって、、、http://q.hatena.ne.jp/1194420314

もし、よかったら前回のもののめどがつき次第、こちらも平行して作ろうと思います。

XREAサーバーのキャパが心配ですが、まぁ、そこはそれで(;^^)


[5]面白いアイディアですね。 sakrambom

ユーザーが絵を投稿できるのは面白いと思います。ただ、絵のクオリティを高く維持するために、発行するまでのプロセスを投票式にするなどした方が良いかもしれません。そうでないと、ユーザーが投稿するだけ投稿して、カードが無限に発行されることになり、供給過剰になります。カードの世界は、やはり「数」がポイントになってくると思うので、発行数もまた、「コインを○枚以上持っている場合は○枚以上発行できる」など制限したほうが良いかもしれません。


[6]>5 ありがとうございます。 zachouR

問題はそこだと思います。というのも、ちゃらちゃらっと書き込んだものを投稿して、発行枚数を100000とかにしてしまえば、そのカードしか出てこなくなります。絶対そんなことをするやつが出てきますよね。

だからといって、投稿に制限をかけるととっつきにくくなりそうだと思います。

発行枚数は全体ユーザーの10%まで。という風にして数でまず制限をかけ、苦情が多い投稿者はペナルティを与えて抹消をおこなう、というはどうかな、、、と。

「抹消」で恐怖心を植え付けるのは気分悪いですが、、、。


[7]トレカシステム Im_Me

前回のいわしにおまけで書かせていただいたお遊び部分の発展系のようなアイデア、またしてもワクワクします。

そしてまたしても長々しいです。申し訳ない。


私はトレカが好きです。海外製の箱買してもノーマルが揃わず、レアはそれこそ鬼レアな世界が好きです。国産はヌルくて…閑話休題。

そんなヲタク的に言いますと、ユーザが任意に発行できて、発行枚数=レア度というのは少し微妙です。

だって、単に枚数が少ないだけの物って…欲しいですか?

これ、購入にもコインが必要ならば、発行にもコインが必要にするのはどうでしょうか。

絵師さんは、カードを発行するのに要コイン。売れればコインが入る。例えばカード1枚発行するのに$1なら、売ったら$2くらいのあまり儲けが出ないシステムが良いです。

その代わり、SOLDOUT(人気商品)には、レア度をつけたらどうでしょう?

SOLDOUTしないと、初版->第二版に上がれず、発行枚数も最初は最大数は少なく(もしくは発行経費が高く)再販すると、多く扱えるようになる

レア度は勿論、初版>第二版です。(このあたり、SOLDOUTしていない初版とのフラグ分けが必要&扱いが逆なので注意。SOLDOUT初版>第二版>売れ残り初版)


テーマでカードを募集&収集できるのはいいですよね。

ただし、収集という観点で言いますと、「コンプリート」というのは非常に重要なファクターなのです。

毎度ポケモンで申し訳ございませんが、あれは「他人とコミュニケーションをとらなければコンプリートできない」という足枷こそがゲームの醍醐味。

最近のカードゲームのようにどんどん「第何段」って新しいのが出てくると、コンプなんてどーでも良くなってしまい、メリハリがありません。

是非、XXシリーズは合計X枚、という縛りを設けてください。

これは、ユーザ側は「XXシリーズは、あとこのNoでコンプリートだー」という目標ができて、ゲーム性が増しますし、参加した絵師さんは、必ず収集側の満足の一環を担えるのです。

(勿論、シビアに絵師さんの人気縛りに依存するのもリアルでいいかもしれません。)

シリーズの全体像は小さなサムネイルか、いっそ絵師さんの名前だけでしか判断できないと余計見たくなる&集めたくなるかも


で、そんな要望のキモとも言えますが是非是非トレードシステムを導入してください。

カード:カードがベストですが、レア度を導入するならば、同レア、もしくはn:1トレードが必要

お金の概念を優先するなら売った買ったも良いです。(こっちはオークション形式にするといいかも)

そして、トレードやオークションをするならば、キャンセル以外の期限を最低24時間以上設定にしてください!(><)

何故なら…こういうゲームって、年齢層低くなりがちなんですよ。

そうすると、お友達同士とのみ楽しむユーザが出てきてしまい、他のユーザが立ち入れない世界。仮想コミニュケーションゲームの価値観がゼロになってしまうのです。(付加価値縛りも必須)

一日1アクションという縛りはまったりゲーにも繋がり、サーバの負荷も少なくなります。


また、こっちは負荷分散に貢献するのですが、ログインの時間帯(もしくは1日一回しかできないアクション実行時)によって、効果を変えるというのはどうでしょうか。

…実は以前に仮想カード収集ゲームをWEBにアップしておりまして、時間帯で取得できるカードが違う、というアイデアを搭載しておりました。

他、特定のカードを持っていないと取得できないカード等(レアや、コンプリートおめでとうカードなんか)もありました。

単純にコインで買えるだけだと、ゲーム性が低いので、ギャンブル要素は必要だと思います。


ところで、些細なツッコミですが…

>綺麗な燃え(萌えではない)イラストで熱血したい

ユーザ主導の投稿形式にする以上、ここはムツカシーですよ?

テーマで縛る事である程度は絞れますが、ユーザ参加型である以上、作り手(管理者)の意向を一番反映してはいけない所かと思います。

そもそも、何に萌え、何に燃えるか、というのはあまりに主観すぎますから。

勿論「管理人が好きなイラスト送ってください!(審査あり)」といかも、アリとは思いますし、むしろ、同じ趣味のユーザが集まっていいかもしれない…が、ゲームという観点からは少々逸脱…。

「萌え」(苦手な物)を回避するなら、テーマ縛りをフィルターとして最大限に活用するか、スクリプトの構築に注意して、複数のゲームとして運営できるようするのはどうでしょう?

先の海岸メール同様に、カード自体にカテゴリ、あるいはポイントを採用する。

(あくまでユーザ投稿ならば、マイナス評価はオススメできません。自分の絵がマイナス評価って、すっごくイヤでしょ?)



それでは、応援しております。(^^)


[8]>7 毎度毎度ありがとうございます zachouR

発行にもコインが必要、これはいいですね!いただきです!

初版->第二版のあたりのいくだりはちょっと複雑ですねー、しかしなんとかがんばりますー

実際に「コンプリート」という事をどのように扱うかが一番のポイントだと思います。実際、ユーザーが投稿するとか一日一枚買うとかそんなのはどうでもいい感じな世界で、やはりコンプリートが一番の醍醐味ですよね。テーマごとに全部で何枚というのは非常に大事だと思います。これはぜひ導入します。

トレードシステムは、複雑になりそうなので、どっかよその掲示板で「●●と▲▲を交換してー」とか書き込んでもらって、そのままカード送信しあうってことでいーかなーと、、、。このあたりは、徐々に作り込んでいくしかないかなー、と。はじめはそのあたりからですかねー。

時間帯はいいですねー、それいただきです!


>綺麗な燃え(萌えではない)イラストで熱血したい

というのはシャレなので、あんま気にしないでください(;^^)ノ 勝手にニマニマするだけなので

マイナス評価はやめにします。確かに書いたイラストがマイナスだと、、、やる気が失せますね。


[9]>7 カードに価値をつけると SALINGER

ネットワークを使ったトレーディングカードのようなゲームを考えてみたことがあるんだけど、PCだとアイテムを不正に複製できるということになるから、サーバのデータベースでユーザーの所持カードを集中管理するということになるよね。

カードにレア度などの価値がつくと、そのカードはID管理されるとしても、画像をコピーして偽カードを作って売る輩も出る可能性もある。

そこら辺をクリアーできればいろいろ面白いことができそう。

例えば特定のカードを使ったミニゲームとか、それこそハンター×ハンターの仮想ゲームのようなこととか。


[10]>9 実際に、、、 zachouR

ユーザーのカード所持は集中管理するしか手はなさそうです。

ちょっと悔しい?ですが、、、。カードを見るFLASH製の閲覧アルバムページをこちらで用意すればどうでしょう?

「偽カードを作って売る輩」はどうしたらかわせるのか、、、


[11]>10 競争原理を制御するしかありませんね… Im_Me

まずリアルデータ複製について

ぶっちゃけ、ネットを介し、ブラウザを使用する以上、データの複製は避けられないでしょうね。所詮、管理方法がどうあれ、表示=ローカルにデータが取り込めるので。

根本的に対処するにはデータの暗号化および専用のプログラムを利用しなければならなくなるので、多分今回の開発コンセプトと乖離してしまうのでは。

ネット+ブラウザを利用する以上、そこは自動的に発生する著作権に頼るしかないでしょう。頼らないと、管理者の責任があまりにも重くなる。

勿論ワーニングは要りますが、その程度のリスクを負って楽しんでもらえる相手と内容でないと、大変ですよ;それこそお金貰って管理しないと割に合わない


…なので、ゲーム中のみの複製問題と捉えますと…

これまた、「複製してどんだけ得するか」の一言に尽きると思います。

その為には競争原理を制御してしまえばいいのです。

例えば競い合うのが所持金ならば、決算&税金方式がよろしいかと。

一ヶ月とかのスパンで所持金ランキングを公開して、「儲ける」というゲーム性の満足度を保持しつつ、儲けた分だけ税金で差っ引くのです。

いわゆる「高額納税者」的な扱いですね。

とはいえ、儲けたお金が消えるのは気力がそがれますから、ランキング1位にならないともらえないプレミアカードや、期間限定の権利なんかがいいかもしれません。


また、カードそのもの(複製->ゲーム内での販売)であれば、画像をアップして、カードとして登録する再に自動的に加工できないでしょうか。

少々無茶or面倒を言っている気もしますが…あくまでアイデアとして聞いてください。


要は枠やナンバリングを画像そのものに対して上書きでやってしまうのです。

ベストは複製しづらくなる「透かし」として、透過属性のシリーズ記号+ナンバーを入れてしまう。

絵師さんにもいわゆる「タチキリ」を意識してもらい、タチキリ線よりも外に必ず画像があるようにしてもらう必要がありますが…

やや専門用語的に思えますので、補足はコチラ

http://d.hatena.ne.jp/Im_Me/20071109

カードイメージが統一されてちょっと見栄えがいい感じにもなります

あと、不正な複製を防ぐ為に、タレコミシステムは要導入ですね。(ゲームに組み込んで自動化しなくても窓口があればOK)


ハンター×ハンターは全く読んでいないので知らないのですが、

MTGとかカードゲームのオリカ的な扱いができれば、ゲームが利用者のカードでできるようになりますよね。

ただ、能力まで自在にってのはどだい無理な話なので、例えば、ゲーム内容はトランプゲーム的な物で、絵柄が絵師さんのつくった柄になる、ってのが扱いやすいかな?

(オリカ職人(ゲームバランスを考えれる)<>絵師)

カードそのものに能力を持たせるのは面白いですよね。

ゲームができなくても、例えばそのカードを「使用」する事で、他のカードがランダムに変化したりすると「収集」とも相性がいいです。

入手したカード一枚で「収集」「売買・トレード」「使用」という可能性が広がりますからね。

リアルだ!


…まあ、この辺り夢を膨らませすぎると途方も無くなってしまうのですが(笑)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ