人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

住宅ローン申請についての質問です。
購入検討をしている物件には「提携住宅ローン」というものがあり、提携している銀行だと金利の優遇が受けられるということになっています。
ただ、勤務年数や物件などの査定によって優遇度合いが変化するようで、今回2行に事前審査を申込したところ提示優遇金利が異なっていました。
今回審査した以外にも何行か提携銀行かあるようなので、どうせなら全部の銀行に見積もり(?)をとってみたいのですが、ローンの申請をやたらと何箇所にもかけるのはなにかデメリットがあるのでしょうか?(信用情報上あとあと良くないなど)
内情のご存知の専門家の方から情報いただけると嬉しいです。


●質問者: mikkineko
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:と金 デメリット 住宅ローン 審査 専門家
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●38ポイント

銀行間で情報が流れることは考えられないので、全国銀行個人信用情報センターの会員規則等チェックをしましたが、問題はないようです。

http://www.zenginkyo.or.jp/


元々、銀行間の競争があるのが普通なので、なるべく多くの銀行に問い合せた方が良いと思います。

また、提携する住宅供給会社のほうでも、色々な銀行と提携できるように営業努力をしているようです。

このような調査もありました。

直接は関係ありませんが、面白いかもしれないので、貼っておきます。

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jyuutaku-loan/saisyuuh...

◎質問者からの返答

ありがとうございます!確かに普通の買い物と一緒で「競争」させるのが当然ですよね。


2 ● y-kawaz
●38ポイント

ローンの審査を複数行っても心配されているようなデメリットは無いはずです。強いて言うなら手間と時間が余計にかかるくらいです。

パンフレットだけでは見えにくい金利などもあるので時間的に余裕があるならいくつかの銀行に相談してみることをお勧めします。

実際に何行かで話をすることで金利の比較もできますし、何よりローンについて勉強になると思います。

僕も初めて住宅ローンを組むときは金利とか詳しく無かったんです適当に決めようとしていたんですが、一応何行かを回ってそれらを比較してる内に理解できたり気づくことが多かったです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。確かに私もあまり何も知らないままに決めようかとおもっていたのですが、勉強します!

どんなことに気をつけたらよいのでしょうか?


3 ● minkpa
●4ポイント

申請だけならいくつも行っても問題無いですよ。

認可後に申請したりすると信用情報として関わる可能性がありますが。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。許可後に申請?ってどういう意味でしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ