人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

小学生のお小遣い(金額)について、国内については金融広報中央委員会が出している統計がありますが、国際比較ができる統計データが欲しいと考えております。韓国、アメリカ、ヨーロッパ、中国等の子供のお小遣いについての情報を扱ったものを探していただけますでしょうか。宜しくお願い致します。


●質問者: hiyokoya
●カテゴリ:旅行・地域情報 科学・統計資料
✍キーワード:お小遣い アメリカ データ ヨーロッパ 中国
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●23ポイント

中国

http://www.iris.dti.ne.jp/~taitsu/8907.html

台北市の小中高学生のお小遣いはいくらか。1月20日、小中高学生のお小遣いに関する調査結果が公表された。これによると、台北市の小中高学生が毎週もらうお小遣いは平均174.24元で、台北県、高雄市、および全台湾地区の小中高学生と比べて高く、金額も年齢が上がるにつれ多くなっている。私立は公立より多く、また男子より女子の方が多かった。台北市の小中高学生のお小遣いの使い方は高雄市や台北県と似ており、間食や飲料に使う比率が高かった。

調査によると、お小遣いの金額は年齢が上がるにつれて多くなっており、小学生は毎週平均68.39元、中学生は150.68元、普通科高校生(以下高校)は322.62元、高級職業高校(以下高職)は311.01元、総合高校(普通科、職業科を合わせ持つ高校)は354.66元で最高額だった。学年別では、高校3年生が平均408.02元、高職3年生が485.62元で最も高かった。お小遣いが100元以下の小学生は全体の73.11%を占めているが、500元以上もらう小学生が4.06%おり、さらに1000元以上が1.76%を占めている。

公立学校の生徒の平均は99.81元で、私立の生徒278.61元と比べてかなりの開きがあった。毎週のお小遣いが500元以上の生徒の数は、私立が公立の約2倍だった。しかし、公立の高校、総合高校の生徒の場合は、私立の高校、総合高校よりやや多い。

◎質問者からの返答

文中の1月20日は、2000年頃の話ですね。

174.24元の場合、今のレートだと、611.4 円ですね。

ありがとうございました。


2 ● andy-kaidy
●23ポイント

2000年4月、とデータは少し古いですが

財団法人日本青少年研究所による「中学生・高校生の日常生活に関する調査報告書」第2章の2(図表2-7?9)

http://www1.odn.ne.jp/youth-study/reserch/2000_04_nichijou/index...

◎質問者からの返答

おー、ありがとうございます。

中国、アメリカと出てきましたね。


3 ● Velocity
●22ポイント

http://www.kknews.co.jp/kenko/re020209_b.html

ヨーロッパの子ども おこづかい事情

◎質問者からの返答

ありがとうございます^^

あとはもうちょっとアジア方面が欲しいですねー


4 ● daiyokozuna
●22ポイント

http://ukstyle.exblog.jp/3492625/

英・小学生の小遣いの平均は?

◎質問者からの返答

>イギリスに住む7歳から11歳の子供1166人にインタビューした結果、最も金額が多いのがロンドンに住む子供達で小遣いの平均は週11ポンド71ペンス(2342円)。

最も低いのがウェールズの週 6ポンド30ペンス(1260円)。

なるほどー。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ