人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

相続時精算課税と相続人死亡の関係

まず、関連質問をお読みください。
http://q.hatena.ne.jp/1194698160

相続時精算課税を選択して相続後、実際に親が死亡したとき、先に相続時精算課税を利用して相続した財産は他の財産と合算して相続税を計算するようです。

専門知識のある方のみお答えください。


これからが質問です。例で書きます。

1.長男は結婚している。子供はいない。
2.長男が相続時精算課税を利用して、ある財産を相続する。
3.長男が死亡する。
4.親が死亡する。

3.の段階において、長男が貰っていた財産も含めて相続税が計算されますが、妻にその財産の所有権は残りますでしょうか?


●質問者: gzmgzm
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:子供 所有権 相続 相続人 相続税
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●100ポイント

奥さんが長男さんの法定相続人になりますので、奥さんに相続財産の所有権及び相続税の支払い義務が残ります。

長男さんが死亡した時に、奥さんに相続財産の所有権は移りますが、財産の再々承継は認められていないようなので、奥さんが長男さんの親より先に死亡した場合は、財産は全て親に戻ると言うことになります。(長男さんの死亡後、奥さんが財産を継承して、その後に長男さんのお子さんがお腹にいることがわかった場合は、私の知識の範疇を超えますので、専門家のご意見を聞く必要があると考えます。)


法律文章は難解なのですが、ご参考までにいくつかURLを載せておきます。


http://www.h-ao.or.jp/topics/property/property-03-10.html

http://www.zai3.com/qanda6.html#11

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/sozoku/1...

http://profile.allabout.co.jp/pf/fpintel/qa/detail/464

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございました。たいへん参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ