人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ペンリン(Penryn)ってどうですか? インテル共同創業者のゴードン・ムーアが「40年間でもっとも大きなトランジスタの進歩」と相当な太鼓判を押したようですが、消費者の視点から、個人ユーザの視点から、どのようなメリットがあると思われますか?
(例)
・オレがよろこぶ
・親父がよろこぶ
・パソコン買い替えだ
・ニコニコ動画がよろこぶ
・古いパソコンがやっと安くなる
・動画編集がかんたんにできるからテレビ番組を好きなときに好きなだけ見られる
・YouTubeの混雑がましになって、大きなデータのファイルも投稿できるようになるはず

●質問者: aki1770
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:YouTube インテル ゴードン・ムーア テレビ番組 データ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● APE
●100ポイント

3GHz越えが明言されてるんで楽しみです。

セカンドライフが快適に動きそうです。

そうなるとパソコン買い替えなんて考えるかもしれないです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

セカンドライフですね、


2 ● j1960
●100ポイント

http://journal.mycom.co.jp/news/2007/03/29/401.html

ゲートの絶縁膜を厚くすることができて漏れ電流が減らせることからかなり消費電力が下げられることが特にモバイル向けPenrynに期待できそうです。

一般消費者の視点からは

・電池の持ちがいいノートPCが手に入る。

・膝の上に置いても熱くないノートPCになる?

といった事を期待したいですね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

モバイル向けですね、たしかになんかPen4時代のノートPCにはいい話よりも悪い話のほうが多かったように思います。というか、わたしはしばらくノートPC使っていないのですが、たぶん熱の問題で一回壊しかけたことがあるんです。それがPenrynの登場で改善されるとしたら、大いに期待したいです。


3 ● くろば
●100ポイント

そんなにPCに詳しくない自分としては、「そんなに違うのかな?」という感じで

あんまりピンと来ないんですが…

マニアな友人は喜んでます。

ノートパソコン使ってるけど、動作が鈍いので

いっそのこと買い換えようかなと言ってました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

・「あんまりピンと来ないんですが」

ですね。


4 ● helltaxi
●100ポイント

Penrynの登場によってノートPCを使っているので

省電力によってバッテリー持ちがよくなり

性能がアップしたノートPCの登場に期待したいです。

ノートPCにとって熱問題は重要なのでそれがPenrynの

登場によって解決とまでも言わないですが改善されることを

期待してます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ノートPCですね、

省電力ということを期待されている方がいまのところ多いのかな、と思いました。

ということは、実際に購入など消費行動に移るのはコンシューマ向けのプロセッサが出てからということになりそうですね。今回発売されたのはハイエンドのCore 2 Extremeプロセッサとワークステーション/サーバ向けのXeonプロセッサなので。


5 ● SALINGER
●100ポイント

やはり45nmプロセスというのが大きいですね。

プロセスルールの微細化は消費電力を抑えられ、発熱量を少なくするという効果があるので、

動作周波数を上げることに繋がる。

また、必要なCPUファンの回転数も下げられるので静穏化にもなる。

更に、ダイサイズも小さくなるので1チップにディアルコアやクアッドコアをのせやすいし、

AMDのようにCPUにメモリコントローラをのせるなど、付加機能を持たせてもいい。


ムーアの法則というのもありましたが、コアを倍にしたり4倍にしたりと本来の高クロック化による性能向上は

停滞してるように感じていたので、高クロック化が可能なCPUの登場は自作派にはいいニュースです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

・「動作周波数を上げることに繋がる」

ですね。

付加機能というのは、どのへんまで付けられるのでしょうか。いろいろついていますね、インテルでも。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ