人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今の彼女と2年くらい付き合っていますが、結婚しようということになりいろいろ準備を
進めようとしていました。
しかし彼女が親に私のことを話すと、猛烈に反対されました。

原因は私が病気だからです。私の顔にはあざがあり、外傷性ではなく免疫不全によるものと
考えられています。20歳のころに発症し、今20代後半です。今のところ、遺伝はしないとは
いわれていますが100%ではありません。今後広がる可能性もあります。
治療も非常に難しく、治る可能性も非常に低いです。
普段は化粧をしていますが、彼女には付き合い始めるときにちゃんと話をして、気にしないと
いってくれました。

反対されてから一ヶ月になります。理由は子供に遺伝する危険性を考えると子供を
生ませられない。それでは娘がかわいそうだ。ということだそうです。
何度彼女が話しても意見が変わることもなく、親御さんまで泣きながら反対されるそうです。
私たち二人も泣き続け、別れるしかないのかと話すようになりました。

彼女の両親に許してもらえる方法はないのでしょうか。
強行突破的なものはなしでお願いします。

●質問者: breakout
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:20代 さんまで 免疫 危険 子供
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

1 ● popattack
●14ポイント

第三者が間に入って話しをしてもらうのがベストじゃないでしょうか。お医者さんだったりとか

二人のことをよく知っている人間で口もたって親を説得できる人間です。今の段階で断られて

いるのであれば、あとはひたすら二人でお願いするしかないと思います。しつこいと思っても。

ただ親の気持ちもわかります。何十年と続く結婚生活なので、親とも仲良くやっていきたいと

思っているはずです。そのような病気を理解してくださる親御さんを持つ女性と結婚した方が

いいのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

そうですね。私も親御さんの気持ちはわかります。

身を引くのがいいのかとも思います。

親で相手をえらぶのも考えました。

ただ結婚がしたいのならそれでもいいのですが、

私は今の彼女と結婚したいと思っています。

ご意見参考になりました。ありがとうございます。


2 ● pinkandblue
●14ポイント

その病気による遺伝を恐れているのですよね?

でしたら、その確率やデータなど科学的根拠をもとに説得されてはいかがでしょうか・・・。

知り合いでエイズに感染している人がいますが、

一緒に生活しているだけでは、感染しないと説明し、

感染ルートなどもきちんと、本やお医者さんによる説明で納得してもらって

相手のご両親と同居している方がいます

やはり、20代・30代の子の親の年代はまだ頭が固いというか

感情より、理論で動く人が多いようで

上手く言葉で説得しようとしてもダメだったそうです。

参考になればいいのですが・・・。

認めてもらえるといいですね。心より願っております。

◎質問者からの返答

お医者さんからの言葉を使ってみるのは参考になりました。

ありがとうございます。


3 ● YUI2007
●14ポイント

少し強行突破的な考え方になりますが、大事なのはしつこさだと思います。

まだ説得されて一ヶ月ですよね??

私の友人は相手の親に反対されて(理由はわかりませんが)5年間通い続けたらしいです・・最初は相手の父親には口すらきいてもらえず門前払い、それでも彼女との交際を続けながらしぶとく通ったら1年後には家に入れてもらえて口は利いてもらえるようになったらしいです。

それから4年間通い続けて、いろいろ話して、理解してもらってようやく結婚することが出来たらしいです。

こんな話は私の友人以外でもよく聞きます、いくら病気が原因でも命にかかわるようなものでもなければ大丈夫です。

あとは絶対諦めないで粘り続けることだと思います。

それが出来るなら必ず結果がついてくると思います、頑張ってください。

◎質問者からの返答

ある意味しつこさは大事だと思っています。

よく言えば根気でしょうか。

ただ、自分にそれがあっても彼女のメンタルが折れてしまいそうです。

泣いてとめる親と彼女自身の気持ちの板ばさみになってしまって、

その原因が私であること、そのために泣いている彼女を見るのが

とてもつらいです。

私としてはあきらめたくないです。励ましになりました。ありがとうございます。


4 ● kappagold
●14ポイント

親御さんのお気持ちは、良く判ります。

自分の娘が、遺伝的な病気を持つ人と結婚して、病気の子供を持つ可能性がある(または、子供を持てない可能性がある)ということになれば、どこの親でも反対するのではないでしょうか?


この場合、親御さんに納得してもらう方法としては、あなた達が何年もかけて訴え続けることによって、二人の熱意、愛情を理解してもらうという方法があります。

(結婚は何十年も続くものですので、数年ぐらいをかけるつもりで・・・。)


でも、あなたの場合、専門家から遺伝はしないといわれています。

100%ではない、というのは当たり前の話です。

どんな場合でも、病気の子供が生まれない可能性が100%と言うことはありません。

親御さんに、病気に関してきちんと理解してもらうことが一番良いのではないかと思います。

あなた達と親御さんが一緒にお医者様のところに行って、お医者様からあなたの病気と遺伝しないと考えられる事を親御さんにしっかりと説明してもらって、100%では無いということは、単に今元気な方と結婚したとしても、病気の子供が出来る可能性が100%ではないというのと似たようなことだと説明してもらうのが、良いと思います。

(結婚を諦めたり、子供を作るのを諦めたりする事を、医者が勧めるような病気ではないという事を言ってもらうのがいいです。)


お医者さんからの説明と、二人の熱意を示すこととダブルで行くのも良いと思います。

諦める必要は全くありませんよ。

応援しています。

◎質問者からの返答

そうですね。確率論というのは理論的には重要であると考えています。

自分が健康であっても、ある一定の確率で先天的に病気を持ってしまうことがあるのは

おそらく親御さんもわかっておられるのではないかと思います。

それをあえて私が言ってもいいものなのでしょうか。

卑屈になってしまうのはよくないことだとはわかっているのですが、

やはり、少しそんな気持ちが自分の中に生まれてしまいます。

ただ、その方法は客観的であることがよくわかりました。

ありがとうございます。


5 ● castiron
●14ポイント

第3者の意見としては99.99%遺伝しないと分かっていても目に見える形で障害があれば人間は誰でも抵抗を覚える物だと思います。

現実的に考えれば結婚し子供を産めば何らかの障害を持って生まれてくると言うのは少なからず絶対にある確率はあるわけで

そういうことを両者が覚悟しているという状態で結婚して子供を産もうとしている人がほとんどでしょう。

何が言いたいかというとどんな理由があるにしろ二人で覚悟を決めること。そして熱意を持ってご両親を二人で説得するしかないでしょう。

「?を言ったら説得できる」という次元の問題ではないと思います。(正論で論破しても何の解決もみない)

ここまで書いたことは私の何の経験にも裏打ちされていない机上の空論です。しかし、二人で覚悟を決め、説得し通すことが出来るのならうまくいくでしょう。

なぜならうまくいくまで説得し続けるからです。結婚したい質問者さんも間違っていないし反対するご両親も間違っていません。

がんばって持久力付けてください。

◎質問者からの返答

確かにそうですね。

納得してもらえるまで説得するからうまくいく。

とても大事なことだと思います。

正論をぶつけることだけでは解決しないのかと思っています。

ありがとうございます。


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ