人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

小説のタイトルを教えてください。

・お屋敷で幽霊たちと同居(自分で殺した?)
・一年以内にテレビであらすじを紹介していた。(影絵のような、ステンドグラスのような演出?)
・海外文学?
・有名な作品
・死者の書?

手がかりは以上です。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、お願いします。

●質問者: detasumi
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ステンドグラス タイトル テレビ 一年 小説
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kanan5100
●35ポイント

ねじの回転 -心霊小説傑作選- (創元SF文庫)

ねじの回転 -心霊小説傑作選- (創元SF文庫)

  • 作者: ヘンリー・ジェイムズ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

正直いってそれだけの情報じゃ特定できないですが、有名な作品ということだと、「ねじの回転」じゃないでしょうか。

◎質問者からの返答

表題作は違いそうです。情報少ないのにありがとうございます。


2 ● eakum
●40ポイント

「999-狂犬の夏-』999 THE LAST BOOK OF SUPERNATURAL HORROR AND SUSPENSE〈創元推理文庫Fン5-3〉

訳:田中一江・夏来健次・他/カバー:岩郷重力/発行:2000年3月17日『別天地館』……ウィリアム・ピーター・ブラッティ マンハッタンに臨む小島に建つ幽霊屋敷をなんとか売り物にしようと奇策を携えて訪れた不動産業者ジョーンと、彼女に協力するため同行した作家や霊能者たちを待ち受ける意外な運命を物語るブラッティの長編『別天地館』。

上記は ”有名” ”TVで紹介”の点で?ですが もしかしたら、と。他のがミートしない場合


アザーズ アレハンドロ・アメナーバル /人見葉子訳[2002-03-25]★ノベライゼーション

厳密に言えば 映画のノベライズだしその映画は超有名 でも記憶違いってこともあるだろうし ってことで念のため


検索網外しのために)『ねじ』はあまりにも有名な古典のため 新訳新版新刷のたびにいちいち紹介されるだろうか?

『死者の書』はジョナサン・キャロルのこれまた有名なデビュー作 そもそもネタがちがいます。

その紹介のどんな点が心にヒットしたのか ファンタジーっぽく泣かすのかマジホラーで怖そうなのか・・・その辺 再質問されるともうちょい

絞られた回答が返ってくると思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ