人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以下の英訳お願いします↓

-------------------------

研究目的
防犯・子育てなど、多様な情報の「気づき」や「課題」を抽出し、地域の「つながり」※を高める事

主な対象
保育園

●●市の現状
保育園

特徴
・多くの保育園は、地域社会に密着した活動を実施している
・子供に、快適で安全な環境づくりが進んでいる

課題
・マニュアル等の作成と活用が不十分である
・保護者などとのコミュニケーションが不十分であり、コミュニケーション方法も工夫する必要がある

保護者と地域住民
近くに祖父母や友人の家が少なく孤立しがちが子育て家庭が増えている

解決策
保育園を中心とする「保護者」「保育園関係者」「地域住民」などのつながりを高めることで、これらの課題を解決することができると考える。

※「つながり」:本研究では、人と人の間でやり取りされるコミュニケーションと定義する。

●質問者: wakannaidesu
●カテゴリ:学習・教育 旅行・地域情報
✍キーワード:コミュニケーション マニュアル 作成 保育園 保護者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sakrambom
●60ポイント

Study Objective

To enhance relional communication by picking up various informational 'receiving' and 'subjects' such as crime prevenbtion and child care.

「気づき」の趣旨がよく分かりませんでしたので、情報に関して「気づく」ということで、情報を「受け取る」という形に翻訳しました。


Main Target

Nursery schools


Present situtaion of ●● City

Nursery schools


Features


Subjects



Parents and Regional Inhabitants

Recently, there are more and more isolated families which do not have any supporters for raising children, such as grand parents and friedns living close to their houses.



Solution

The above-mentioned problem will be solved by strengthening connections (communication) among 'parents','workers in nursery schools' and 'regional inhabitants'.



※'Connection':This study defines 'connection' as 'communication between people

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ