人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【勘定科目】レストランやBar等にてライブを行うと出演料が発生すると思いますが、この場合、どのような勘定科目を利用して仕訳を行えば宜しいのでしょうか?

出演料? 支払手数料? その他?


●質問者: harvard
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:Bar ライブ レストラン 手数料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● にぎたま
●23ポイント

ぶっちゃけ何でもいいです。

barの経理ですよね?

頻繁にあるなら経費に「出演料」とか「演奏料」という科目を作ったほうがよいでしょう。

めったにないのなら「雑費」ですね。ええ。なんでもコレです。笑

勘定科目なんてものはルールがあってないようなものです。

経費は経費ですからね。


2 ● seble
●23ポイント

ていうか、払う側なのかもらう側なのか不明デシ。w

払う側なら出演料でも外注費でもいいかもしれないけど、問題は名目でなく、実態です。

単発で演奏者に依頼するのか、雇用して従業員の一人として払うのかでもまるで違いますよね?

外注の請負のような形なら単なる経費の出演料でも何でもいいですが、雇用であれば賃金として扱い、源泉徴収、社保加入その他が必要になります。

もらう側としても、請負的な出演料なのか賃金なのかで違うかと・・・

◎質問者からの返答

払う側での立場となります。


3 ● pinkandblue
●22ポイント

1の方のおっしゃるとおり、何でもいいんです

何度かあるなら、出演料という科目をつくってもいいですし

ただ、なんでも雑費にする人がいますが、

税務署から目を付けられる科目の一つになるので

気をつけたほうがいいですよ

去年なくて今年から出てきた、その出演料がかなり高いとか・・・。

去年は雑費が5万だったのに対し、今年は出演料を加算すると50万くらいになったら

あれ?って思いますよね

普通の企業はその矛盾を解消するために、分析をし、前期比較の表を作成して

異常に高い科目がないかチェックします

経費の中の科目を作成すればいいのですが

本業がライブ出演の場合

また変わってくると思います


4 ● KUROX
●22ポイント

http://www.rakucyaku.com/Koujien/G/G070000

http://www.sunhouse.co.jp/faq.htm

http://www.tokyo-club.com/contact/performer.shtml

源泉徴収さえしてれば、勘定科目は回答1、3さんの言うとおりで

問題ないと思います。「支払手数料」は一般に違った目的で使うので

妥当ではないと思います。

今回の場合、出演料から源泉徴収をしないと駄目だと思うのですが、

自信はありません(^^;

損益計算書で、営業利益(経費)と処理される勘定科目ですれば問題ない

はずです。営業外でも特別でもないと思われるので。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ